ASTERIA Warp 製品ブログ

クラウド・タブレット連携で業務効率化!

クラウドサービスには様々なものがありますが、1つのサービスを導入して会社の業務が全て回るわけではありません。
クラウドサービスを複数利用する場合もあるでしょうし、社内システムも相変わらず残っていると思われます。

もしかすると、複数のサービスや社内システムからエクスポートしたデータをExcelに貼り付けて会議資料を毎週作っていたりしませんか?

ASTERIA Warpはこんな場面でも業務効率化が可能です。

今回はWebのアクセス情報を管理するクラウドサービス「Google Analytics」と営業情報を管理する「Salesforce.com」からデータを取得してタブレットで見る会議資料を作成してみます。

Salesforce.comからデータを取得

今回作成する会議資料は「Google Analytics」からWebの訪問者数を、「Salesforce.com」から営業リード数、商談数を取得し、それぞれ地域別、業種別、売上規模別で表示します。

この資料をタブレットでドキュメント閲覧するため「Handbook」へと送信します。


「Google Analytics」からはRESTコンポーネントを使用してデータを取得します。

「Google Analytics」との連携については、サンプルと使い方を説明した記事が以下にありますのでそちらをご参考にしてください。
asteria.jp/showcase/20121217-130000.html


続いて「Salesforce.com」からのデータ取得です。こちらはSOAPを利用し、データを取得します。

SOAP形式でSalesforce.comからデータ取得

「Salesforce.com」にログイン、マッパーでSOQLを設定、実行するだけの簡単なフローです。


すべての情報、今回は9種類の情報を集めてVelocityコンポーネントにて表示情報であるHTMLを生成します。

最後にタブレットへ配信するため、Handbookコンポーネントにデータを渡します。

すべてをまとめたメインのフローはこんなかんじです。

すべてをまとめたメインフロー図


タブレットからHandbookアプリを開くとデータが届いていることが確認できます。

取得されたデータをタブレットで表示


毎週、毎月行われる会議資料の作成に時間を取られていたりしませんか?

ASTERIA Warpを使ってクラウド連携すれば、業務効率の向上につながることをおわかり頂けたのではないでしょうか?

【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。