ASTERIA Warp 製品ブログ

【つないでみた】BitCoinから現在のレートを取得してみた

【つないで
みた】BitCoinから現在のレートを取得してみた ブロックチェーン技術が注目されておりますが、ブロックチェーンは仮想通貨のビットコインから生まれたものです。

ビットコインには各取引所ごとにAPIが公開されています。
このAPIを使うと送金なども行うことができるようですが、今回はお手軽にビットコインと日本円の為替レート を取得しグラフにしてみました。



今回は、インフォテリアが協業を発表したテックビューロ社の運営する取引所「Zaif」のAPIを利用してみます。
corp.zaif.jp/api-docs/

特にログイン等も必要ない「公開情報API」に ティッカーというのがあります。
その中の「btc_jpy」 が 今回利用するAPIです。
APIを実行した際の価格等がJSON形式で取得できます。

というわけで、1時間に1回このAPIを実行し、24時間分の情報を元にグラフにしてみましょう。

作成したフローは2つ。
ひとつめは1時間に一度実行するフローです。



JSONをそのままファイルで保存しますが、ファイル数が多くならないように指定件数(今回は24時間分)以上は削除するようにしました。
こちらのフローは1時間ごとに実行するように、トリガーを設定します。

ふたつ目のフローはこちら。



保存したファイルを順次読み込みます。
古いものから順次読み込むように、ファイル一覧のコンポーネントを使いました。
あとは内容を読み込み、Velocityコンポーネントを使ってGoogleChartのHTMLを生成します。
ブラウザで実行してGoogleChartを表示する仕組みですので、こちらはURLトリガーを設定します。

ブラウザでアクセスされるたびにデータソースにアクセスする方法もありますが、アクセスが集中すると遅くなるだけでなくデータソース側にも迷惑がかかる場合もありますので、こんな感じでほどよく定期的に実行されるフローと、表示系の2つを組み合わせるのは常套手段の1つではないでしょうか。

【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み
「ASTERIA Warp、データ分析、クラウド、業務効率化、最新技術」人気!ホワイトペーパーダウンロード受付中!今すぐチェック
ASTERIA Warpと色々つないでみた特集!記事はこちら>

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。