ASTERIA Warp 製品ブログ

【つないでみた】CerevoのHackeyとつないでみた

【つないでみた】CerevoのHackeyとつないでみた ドミネータータチコマで一部の方には有名!?になったCerevoさん。
いろんなIoT機器を販売しています。 

結構お高いのでドミネーターは買えませんが、Hackeyを手に入れましたので早速つないでみようかと思います。



Hackey-

Hackeyは鍵の形をしたIoT機器です。
hackey.cerevo.com/ja/

鍵をひねった際に、設定したURLにアクセスすることができます。
ということは、ASTERIA WarpのURLトリガーを実行することも当然できるので、
鍵をひねるとASTERIA Warpのフローが実行できるわけです。

フローの前にHackeyの設定をダッシュボードで行います。
HackeyはWi-fiでネットワークに繋がり、CerevoのWebサイトでデバイスを登録することで設定を行います。
こちらがそのダッシュボード。

Dashboard
Webhook Actionという部分に、ASTERIA Warpのフローで設定したURLを追加しました。

また、LED通知という項目は色と点灯する秒数を入れるとURLが割り振られます。
こちらにアクセスすると指定した色で、指定した秒数点灯します。

そんなわけで、フローを実行中は黄色(オレンジ?)、成功なら緑を60秒点灯。失敗なら赤を60秒点灯するように設定してみました。

で、今回作ってみたフローはバッチ処理を実行するもので、
鍵を回すと週次のバッチ処理が動くことを想定してます。

Flow

このフローにURLトリガーを仕込んでいて、
バッチ処理自体はタイマーコンポーネントで呼び出しているだけです。
そして、バッチ処理が終了するとファイルを生成するようにしました。
ですので、ファイルの存在をチェックして、存在しなければしばらく待って繰り返しチェックします。
ファイルがあればフラグを立てて繰り返しを抜けるようにしました。

鍵をひねるとバッチが実行され、数十秒のバッチ実行中は黄色の点灯、終了したら緑が点灯します。

YellowGreen

今回はバッチ処理を想定しましたが、ソフトウェアの処理を物理的に実行すると便利な場面もいろいろとあるのではないでしょうか。
例えばセキュリティ関連で、鍵を回さないと実行できない処理なども考えられます。
Active DirectoryとIoTを連携させて、権限を操作する!?ようなこともできるかもしれませんね!?
ぜひ様々な場面で試してみてください!

AWS Test Driveのクラウド上でASTERIA Warpを試してみる >>
AWSのTest Drive上でASTERIA Warpとはどういったものかを簡単にお試しいただけます。
ぜひご利用ください。
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ