ASTERIA Warpを導入してみた:デザイナー編 ~菊ちゃんのASTERIA Warp体験記~

こんにちは。インフォテリアのキクチです。

さて、体験記の第2回は前回導入したASTERIAに接続するフローデザイナーをインストールします。もちろんそれだけじゃ終わりませんよ!きっちりASTERIA Warpとの接続まで行いました!

まぁ、もちろんつまづいてしまったポイントもたくさんあったんですが…
皆さんがASTERIA Warpを導入されるときの手順書になればいいなと思いながら楽しんで書いていきますので、どうぞ最後までお付き合いください!

 

「フローデザイナー」インストール

まず、最初のつまづき、
「ASTERIA Warpインストールすれば開発できるわけじゃないんだ…」

そうです。
サーバーを構築しても、フローが作れないんです。
フロー作成用のクライアントツール「フローデザイナー」が必要なんです。

「フローデザイナー」とは

Flow designer

フローデザイナーはASTERIA Warpに行わせたい一連の処理手順をGUIベースで記述していく統合設計環境ツールです。RDBとのデータの入出力、HTTPへのリクエストの送受信、ファイルの変換などなどASTERIA Warpが行う処理はフローデザイナーを使って定義していきます。

 

「フロー機能」フローデザイナーについて
【はじめに】_「フロー機能」_「フロー機能の製品構成」_「フローデザイナー」をご参照ください。

「インストーラー」をダウンロード

前置きが長くなりましたが、とにもかくにもフローデザイナーをインストールしなければ何も始まらないということのようです。
さっそくインストールしてみます。
インストーラーはサーバーと同様にASTERIA Warpユーザーサイトからダウンロードしてこれました。

ASTERIA Warp installer Download

「インストールガイド」で手順確認

改めて「インストールガイド」を読み直してみます。
ちゃんとフローデザイナーのインストール手順も記載されてました…
マニュアルはちゃんと読まなきゃだめですね…汗

管理者権限

今回も管理者権限でインストーラを起動します。

管理者権限で実行

フローデザイナーもウィザードにしたがってカチカチしていけばよさそうです。

Flow Designerインストールウィザード 開始画面

インストールフォルダ

インストールフォルダは自由に選べるようです。
存在しなければ作ってくれます。

インストールフォルダが見つかりません。新しいフォルダを作成してインストールしますか?

ショートカット

ショートカットの作成場所も選べます。
自分の使いやすいところに作っておくのが一番ですね。

ショートカットフォルダを選択

最後に設定した情報を確認して…インストール!

インストール内容の確認

ASTERIA Warp Flow Designerのインストール

「インストール」完了

フローデザイナーもインストールは無事に完了しました!

インストール完了

ショートカットの登録先に指定していたプログラムメニューには…

Windowsのスタートメニューのショートカットから起動

「フローデザイナー」起動

フローデザイナーが追加されています!
早速起動してみます。

Flow Designerアプリケーションウィンドウ

おぉ、これこれマニュアルとかで見たことあるヤツ!
いよいよASTERIAサーバーに接続してみます。

マニュアルを参考にフローデザイナーへのログインを行ってみます。

「フローデザイナー」へのログイン
【はじめに】_「フローの基本」_「フローデザイナーへのログイン」をご参照ください。

ふむふむ、接続するサーバーを設定して、ユーザーとパスワードを入力する…と。
サーバーは自分のPCだから「localhost」でいいよね。

「ユーザー」でログインをするには?

2つ目のつまづき
「…あれ?ユーザーって作ったっけ??」

デザイナー・ログイン

作ってもいないユーザーでログインをするにはどうしたらいいんでしょう…
冷や汗をかきながらマニュアルを見返します。

見つけました!

というか、マニュアルを順番に見ていけば見つかっていたはずでした汗

「管理コンソール」へのログイン
【はじめに】_「フローの基本」_「管理コンソールへのログイン」をご参照ください。

マニュアル管理コンソールへのログイン

サービス起動&コンソールログイン

「パスワード」って設定したっけ??

…つまづき三つ目!
あれ?マニュアルには、管理者アカウントのユーザー名「asu」とインストール時に設定したパスワードを入力します。
とありますが…「asu」のパスワードって設定したっけ??

簡易セットアップの場合

「カスタムセットアップ」だと「asu」ユーザーのパスワードが設定できるのですが、
ぼくはASTERIAサーバーを「簡易セットアップ」で導入していました。

さあ、設定してないときにはどうなるんだろう…デフォルトパスワードとかあるのかな…?
どうもマニュアルには記載が見つからないので、どうしようもなくてサポートのEさんに泣きつきました…

キクチ「Eさん…簡易セットアップ時のasuのパスワードって…(涙)」
Eさん「設定してないんだよね?そうしたらひとまず空のままでログインできるようになってるよ」

!!!
たしかに、設定してないなら空ですよね…

ログインできました!

そんなこんなで…
管理コンソール(FSMC)にログインできました!!

コンソールログイン&コンソール画面

マニュアルによると、次はアカウントの作成を行うようです。
手順を確認して…

ユーザー作成

作成できました!

ユーザーの作成が完了

ユーザーの権限

ユーザーの権限についても気になったので調べてみました。
マニュアル…ではなく、管理コンソールのヘルプに記載がありました。
ドキュメントはフローデザイナーマニュアルだけだと思っていたのですが、
管理コンソールにもきちんとヘルプが準備されているんですね。

「フローサービス管理コンソールのリファレンス」共通、ユーザーと権限
「共通」_「ユーザーと権限」をご参照ください。

今回作成したアカウント「Kikuchan」は開発者権限を与えましたので、自分がオーナーのフローなどの更新参照が行えるようです。

さあ、いよいよフローデザイナーからのログインです。
先ほど管理コンソールで作成したユーザーを入力して…

フローデザイナーログイン

ログインできました!

デザイナーログイン完了

よく見ると、左上の「ツリーペイン」に接続しているASTERIA Warpの情報が表示されているのが分かります。

ASTERIAサーバー ⇒ フローの実行・管理
管理コンソール   ⇒ フローの実行状況やログ・設定の管理
フローデザイナー  ⇒ フローの作成
というような製品構成になっているんですね。

 

ASTERIA Warp 製品構成図

管理コンソールの存在にたどり着くまでに時間がかかってしまいました…
インストールまでは「インストールガイド」、
フロー作成開始までの各種設定は「フローサービスマニュアル」を参考にすると比較的スムーズにいけそうです。

最後に

今回はここまでにしたいと思います。
つまづきながらではありましたが、ようやくフローの作成を行っていく環境が整いました。

次回はいよいよフロー作成にチャレンジ!
データ連携の基本、ファイルの入出力に取り組みますのでお楽しみに!



クラウド版

使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
著者:菊地 雄大

著者:
菊地 雄大

ASTERIA Warpのプリセールスエンジニア&体験セミナー講師。関係各所から舞い込んでくるASTERIA Warpに関するご依頼になんとか応えながら日々鍛えてもらっています!

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)

ASTERIA Warpデベロッパーの方

ASTERIA Warp オンラインコミュニティ
ADN slack

ASTERIA Warpデベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたASTERIA Warpの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ