プロジェクトキャッシュのレスポンスへの影響を理解しよう!
ー「ASTERIA Warp Deep Dive 2nd」開催レポート ー

ASTERIA Warpデベロッパー勉強会 2018.06.26

開催レポート

引き続きディープな内容をお届けしているデベロッパー勉強会。
毎度盛りだくさんのコンテンツを解説してますが、今回は「キャッシュサイズの話がためになった」という方が多かったようですので、この辺りをピックアップしてレポートいたします。

ASTERIA Warp Deep Dive   ー プロジェクトマネージャー/トリガー編 ー

インフォテリア株式会社 第1研究開発部 部長 一刀 卓

みなさん、プロジェクトキャッシュってご存じですか?
そう、コンパイル済みのプロジェクト(オブジェクト)をメモリ上にキャッシュする仕組みのことですね。

実はキャッシュサイズのデフォルト値は30で、これを超えるとLRULeast Recently Used)方式で最も長時間実行されなかったプロジェクトがキャッシュから削除されます。

キャッシュサイズを上回り、プロジェクトがキャッシュから削除されると「プロジェクトをキャッシュから削除しました」というメッセージがログファイルに出力されます。
私は2次サポート対応でお客様のログファイルを参照する機会も多いのですが、このメッセージが頻繁に出力されているログファイルをよくみかけます。

ログファイルに記録された「プロジェクトをキャッシュから削除しました」メッセージ

キャッシュからのプロジェクトの削除が頻繁に起きるケースでは、「プロジェクトキャッシュサイズ」を見直すか、あるいはプロジェクトごとに「キャッシュタイプ」を設定することをお勧めします。

\ここがポイント/

プロジェクトキャッシュサイズ

プロジェクトキャッシュサイズはフローサービス管理コンソールで設定します。

フローエンジン

キャッシュタイプ

プロジェクトのキャッシュタイプには次の4タイプがあり、フローデザイナーのインスペクタペイン上で変更できます。

キャッシュタイプの変更

コンパイル時にキャッシュ フローの実行がリクエストされた際にコンパイルされる(キャッシュから削除される可能性あり)
キャッシュしない コンパイルしてもキャッシュされない
起動時にキャッシュ フローサービスの起動時にコンパイルしてキャッシュする(キャッシュから削除される可能性あり)
常にキャッシュ フローサービスの起動時にコンパイルしてキャッシュする(キャッシュから削除されることがない)

リアルタイム処理のプロジェクトなどについて「常にキャッシュ」とすればキャッシュから削除されることがなくなり、レスポンスを改善することができます。一方で「常にキャッシュ」と設定したプロジェクトが多いと、それ以外のプロジェクトが頻繁に削除される可能性が高くなります。

当日は上記以外にもxfp2ファイルやトリガーマネージャなどについて解説が行われました。
当日のプレゼン資料はASTERIA Warp Developer Network Slackに掲載しています。

ASTERIA Warp Developer Network Slack招待リンクはこちら

参加者からは次のようなコメントをいただきました。

  • キャッシュに関する知識が不十分な為、とても勉強になった。
  • プロジェクト管理については仕組みを知りたいと思っていたのでタイムリーでした。
  • 通常あまりキャッシュについて意識する事がなかったので勉強になった。
  • プロジェクトキャッシュのお話しがためになりました。
  • もっとマニアックな話も(興味本位だが)ききたい。
  • キャッシュの扱いが分かって良かった(メモリ圧迫の考え方と登録数も考慮が必要)。
  • 疑問に思ってたところについて知ることができました。
  • 割と知ってました。
  • 多少であれ、知らないことをおしえてもらえるのは良い。
  • xfp2ファイルの謎が解けました。
  • xfpファイルの仕組みが良かった。プロジェクトキャッシュの注意点もわかりやすかった。
  • xfp2の存在がずっと謎だったので、説明をきけて良かったです。
  • xfpxfp2の違いなど、あまり意識していない部分を知れてよかった。

編集後記

デベロッパー勉強会はデベロッパー仲間をつくる絶好の機会でもあります。ひとりで開発するよりも相談しあえる仲間が外部にいることのメリットは計りしれません。
出はいり自由な気さくな交流会ですので、ぜひデベロッパー勉強会参加時には第二部の情報交流会にも顔出しいただきたくお越しをお待ちしています!

懇親会の様子



クラウド版

使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
著者:穴沢 悦子

著者:
穴沢 悦子

“ASTERIA Warpユーザーの皆様をもっとハッピーに!”をモットーに日々AUGを運営しています。

「ASTERIA Warp、データ分析、クラウド、業務効率化、最新技術」人気!ホワイトペーパーダウンロード受付中!今すぐチェック
ASTERIA Warpと色々つないでみた特集!記事はこちら>

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)

ASTERIA Warpデベロッパーの方

ASTERIA Warp オンラインコミュニティ
ADN slack

ASTERIA Warpデベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたASTERIA Warpの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ