ASTERIA Warp 製品ブログ

【つないでみた】ワールドカップとつないでみた!?

【つないでみた】ワールドカップとつないでみた!? 私、サッカーのことは全くわかりませんっ!
と、まずは言い訳をしておき、今回の「つないでみた」ネタです。

ワールドカップが始まり2週間ほどたちましたが、サッカーに全く興味のない私にも、日本の試合結果や強豪国の結果だけは周りから聞こえてくるもので、同じように、試合のすべてを見ないとしても、試合結果だけチェックする方は多いのではないでしょうか。

今回はそんな方におすすめの、ワールドカップの試合結果がリアルタイムで分かる「ワールドカップとつないでみた」です。
出来上がりはこんな感じ↓ HTMLで作成されているのでスマホでもチェックできちゃいます!



ワールドカップと無縁な私なのに、今回どうしてこういう流れになったかというと・・・・

−−−−
世の中にはワールドカップのAPIとかを作っている人がいるそうですね
softwareforgood.com/soccer-good/
−−−−

こんな情報が社内SNSでささやかれた後、私のところに技術開発本部の副本部長から「W杯のフロー」というタイトルのメールが。。
なんと、ワールドカップの結果一覧が表示されるフローが添付されているではありませんか。
そしてちょこっとお見せできるようなものに手直ししただけで完成しちゃいました。



このフローのポイントの1つ目はAPIの戻り値がJSONであるところです。
やはり流行りのAPIはJSON使っている確率が高いですね。
最近はTwitterをはじめとして特にXMLよりJSONで返ってくるものが増えた気がします。
ASTERIA WarpならJSONコンポーネントで簡単に取得できます。

2つ目のポイントは、処理を対戦の場所、対戦国×2の3つのルートに分けて処理しているところでしょうか。
図のように線を引くだけで分岐、結合の処理が簡単にできます。
1つのマッパーの中で複雑な処理にするよりは、単純な処理に分けたほうが簡単なこともあります。

最後にHTMLを作成して終了!
単純な対戦カードと結果だけですが、APIを利用すれば上記のようなワールドカップの試合結果一覧が簡単にできちゃいます。

ちなみに表示時刻は日本時間にしています。

時事ネタをAPIで引っ張ることはビジネスではなかなか無いかもしれませんが、APIを提供しているサービスは今後ますます増えていきます。
使えるAPIとASTERIA Warpがあれば、アイデア次第で他社に先んじたIT活用が実現できるのではないでしょうか。


フローをダウンロードする >>
 完全に時事ネタですが、Webからの情報取得のサンプルにはなると思います。

クラウド版 使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。