ASTERIA Warp 製品ブログ

”Office365アダプター”を体験してみた ~新バージョン(1712)に追加!オフィス業務の自動化や働き方改革を推進~

”Office365アダプター”を体験してみたみなさん、こんにちは。
インフォテリアのキクチです。

「師」も走り回るこの時期、いかがお過ごしですか。
キクチの師、Hさんも忙しく走り回られています。
何に忙しくされているのかというと…
ついに、ASTERIA Warpの新バージョン、1712が本日リリースされるのです!
PMも兼務されているHさんは、その準備のため日夜奔走されていたのです。

菊池キャラクター画像キクチも、そんな師に少しでも追いつけるように、早速新バージョンで追加されたアダプターを体験してみようと思います!

 


 

新バージョンで追加されたアダプターは
Office365アダプター
Googleコンタクトアダプター
Googleドライブアダプター
Googleカレンダーアダプター
Platioアダプター
の5種類です。

今日はそのうち、Office365アダプターを試してみたいと思います!

Office365、Microsoftが提供しているクラウド型のグループウェアですね。
既にご利用になられている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
メールサービスやWeb会議をデバイスを気にすることなく利用出来たり、ExcelやWord、PowerPointなどのOfficeアプリケーションをクラウド上で共有出来たりといった非常に便利なサービスですよね。

今回リリースされたアダプターではRDBと同じような感覚でOffice365に接続できるようになっているので、その操作性なんかも見ていきましょう!

 


 

Office365アダプターで追加されたコンポーネントは3つ。
いずれもOffice365を簡単に1つのDBとして扱えるようなコンポーネントになっています。

Office365に対してSQLを発行し、結果を取得できる「Office365Getコンポーネント」

Office 365 get

Office365側の更新を行える「Office365Putコンポーネント」
Office 365 put

Office365に対して任意のSQLを発行できる「Office365SQLCallコンポーネント」
Office 365 SQL Call

今回はこれらのコンポーネントを利用して「ローカルのDB(各種システム)から取得してきたレコードをファイルとしてOffice365上にアップロードする」という処理を行ってみたいと思います。

 


 

Office365上にアップロードしたいデータはこんな感じです。

注文情報が格納されているテーブルデータですね。

これをOffice365上にファイルとしてアップロードを行う場合には…
フローはこんな感じになりました。

イメージとしてはOffice365のOneDrive上にファイル情報を作成し、
そのファイル情報の「中身」フィールドにDBから取得してきた注文情報を格納してあげる感じですね。

取得してきた注文情報はテキスト形式のストリームで“Content”というプロシージャの一つのパラメータセットしています。

OneDrive上を見てみると…

該当のファイルはありません。

フローを実行すると…

おぉ!ファイルが作成されました!
成功です!

なるほど、なるほど。
Office365に格納された情報は、DBのテーブルのような形で参照できるんですね!
これも、目で見て設定できるので、とても楽ちんそうです。

きちんとファイル情報テーブルにも新しいレコードが追加されています。

 


 

いかがでしょうか。
ついにリリースされたOffice365アダプターを体験してみました。

クラウドサービスとのデータ連携も、これでまた一歩楽に構築できちゃいますね。

 

次回もリリースされた最新バージョン1712で追加されたアダプターを利用してGoogleのサービスとASTERIA Warpの連携を体験してみたいと思います。

Googleのサービスは、ASTERIA Warpでどのようにつなぐことができるようになったのでしょうか?

ぜひ、お楽しみに!!




今回のフローはこちらからダウンロードしてお使いいただけます↓

フローダウンロード

 


クラウド版 使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。