ASTERIA Warp 製品ブログ

デジタルワークフロー 「ServiceNow」との連携処理が可能に!ServiceNowアダプターのご紹介

こんにちは。 アステリアのチャです。

今回は新たにリリースしました、デジタルワークフローソリューションをクラウドで提供するServiceNowとの連携処理を行う「ServiceNowアダプター」についてご紹介します!

今回は「ServiceNow ソフトウェア」と連携するフローテンプレートも一緒に公開されました!

ServiceNowアダプターシステム連携図

 

ServiceNow アダプターでは3種類のコンポーネントが使えます。

コンポーネント 説明
ServiceNowへSELECT文を発行して結果セットをストリームとして出力します。
ServiceNowのテーブルに対して更新を行います。
ServiceNowに任意のSQLの実行を行います。

ServiceNowアダプターではRDBのようにSQLでデータを処理する手段を提供しています。
そのため、基本的な使い方はRDB系(RDBGet、RDBPut、SQLCall)のコンポーネントと同じです。

それでは、早速アダプターを使ってみましょう。

 

ユーザー情報の取得

ユーザーと所属グループ情報を取得し、CSVファイルに出力するフローを作成してみます。

ユーザー情報を取得したservicenow画面

 

作成したフローは以下の通りです。

ユーザーと所属グループ情報を取得するため、5つのテーブルをJoinするSQL文を発行しています。

作成したフロー図

 

ユーザーと所属グループ情報をCSVファイルに出力しています。

出力されたCSVファイルの内容

 

ユーザー情報を登録

CSVファイルからデータを取得し、登録するフローを作成してみます。

登録するCSVデータのサンプル

 

作成したフローは以下の通りです。

グループ、会社、部署情報が存在しない場合、登録処理を行ってからユーザー情報の登録を行っています。

CSVからユーザー登録を行うフロー

 

フローの実行で登録されたユーザー情報はこちら↓。

servicenowに登録されたユーザー情報

いかがでしょうか。

ServiceNowアダプターを利用しますと便利なソフトに複雑なAPIの実装が不要で、データベース連携と同等のSQLを利用して連携することができますし、スキーマ情報の自動取得によりGUIでSQLを自動生成する支援機能もございますので、皆さんも是非活用してみてください。

 

クラウド版 使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。