ASTERIA Warp 製品ブログ

Project Awardに輝いた事例を公開!
「DevFes 2021 Summer」開催レポート

DevFes2021 Summer開催レポート

初めまして、本年度よりAUG運営に加わりました渡部(ワタナベ)と申します。AUG運営以外では、カスタマーサクセス担当として、HandbookやPlatioをご契約いただいているお客様に機能や使い方を紹介するセミナーの企画/運営なども行っています。

私の自己紹介も兼ねて、2021年7月21日、オンラインで開催されたASTERIA Warpデベロッパー向けイベント「DevFes 2021 Summer」の開催レポートをお届けします!

開催レポート

「DevFes」とは…?
ASTERIA Warpの最新情報から活用事例まで、ASTERIA Warpをご利用いただいているデベロッパーの皆様にとって、有益な情報を届けることを目的にしたイベントです。

今回は、パートナー様のプロジェクトを表彰する「Project Award」の優秀事例のご紹介や、ASTERIA Warpの最新バージョンのご紹介など、内容盛りだくさんでアツいイベントとなりました!

営業本部 パートナー営業部 森内 一輝

司会を務めた
アステリア株式会社
営業本部 パートナー営業部 森内 一輝

ご挨拶

アステリア株式会社
常務執行役員 営業・マーケティング本部長 兼 コミュニティ推進室長 熊谷 晋

DevFes 2021 Summer

はじめに、熊谷より挨拶がありました。

「DevFesはもともと AUG(ASTERIA Warp User Group)が主体のイベントだったが、現在は対象をASTERIA Warpをご利用いただいているデベロッパーの皆様と範囲を広げて、皆様にとって役に立つイベントとして、進化を遂げて開催している」ことや、「皆様と直接会えない状況は非常に残念だが、本イベントを皆様とのコミュニケーションの場とさせていただければと考えている」など、イベントへの意気込みを語りました。

ASTERIA Warp デベロッパークイズ

ASTERIA Warp デベロッパークイズのご紹介

本編は、DevFes恒例となった、ASTERIA Warpの理解度を試すことができるデベロッパークイズからスタートしました!クイズの難易度は、初心者でも解けるものから、知識がないと解けないものまでありましたが、“AND Slack”の実況では、「難しかった」という苦しみの声がちらほら…気になる入賞者や最高点については、本レポートの最後にご紹介します!

参加された方から、以下のようなコメントをいただきました。

  • 難しかったです。(同様のご感想多数)
  • 普段使っていない機能なども出題されて、見直す機会になりました。
  • 初学者にも答えられる問題から難しい問題まで幅広い問題があり、良かったです!
  • まだまだ理解が足りないと感じました。でも、0点でなくてよかったです。
  • 大変いい勉強になりました。
  • 処理順序の問題など、あとでゆっくり解きなおしたくなりました。 新人の理解度を確認するのにも使えそうな問題だなと思いました。
  • 面白い企画であると思います。昨年も参加させていただきましたが、難しいです。
  • 難易度がちょうど良いと思いました。 デベロッパーでないと難しいくらいで良いと思います。
  • Web開催でも、見るだけでなく参加型のイベントがあったことで一人でも楽しめました。

ASTERIA Warpデベロッパークイズに続いてのセッションは、Project Award事例講演です。

「Project Award」とは…?
年に一度、最も優れているパートナー様のプロジェクトを表彰するAwardです。
毎年、多数のエントリーの中からファイナリスト企業を絞り込み、パートナー様向けイベント内でのプレゼンによる最終選考を経て受賞企業が決定します。
今回は、多数のエントリーを勝ち抜いた、上位の3プロジェクトから講演いただきました!

まずは、鈴与シンワート株式会社 櫻井 裕嗣 樣です。

【Project Award優秀事例講演1】
業務システム再構築プロジェクト~データ連携基盤からDX基盤へ~

鈴与シンワート株式会社 DX推進部 櫻井 裕嗣 様

After データ連携基盤 全体イメージ図

鈴与シンワート株式会社様は、ASTERIA Warpのテクニカルパートナーでもありますが、今回はユーザーとして事例をご紹介いただきました。

基幹システムの入れ替えに伴い、周辺システムとのデータ連携を見直しをされたとのことです。
以前は、周辺システム同士で直接連携しており、様々な課題を抱えていましたが、ASTERIA Warpを用いて構築したデータ連携基盤を介することで、課題を解決できただけでなく、様々な副次的効果も得られたというお話でした。

特に効果が大きかったものの一つに、「ユーザー自身がシステムに関心をもつようになった」というものがあったそうです。データ連携が共通化/部品化され、簡単に開発できるようになったことで、ユーザー自身が手運用業務を見直すきっかけになり、ユーザーからの要望で追加された6つの機能で、管理部門の作業時間は年間で約160時間も削減されたとのことです。
まさに、『ユーザーとシステムが共に成長していける基盤』ですね!

より詳細については、鈴与シンワート株式会社様ユーザー事例セミナーの開催レポートでも確認いただけます。

 

参加された方から、以下のようなコメントをいただきました。

  • メニュー機能の自動化の部分がどのようにされたのか想像できなかったので、興味がありました。
  • フローの標準化の内容が知りたいです。
  • 弊社で使っているSaaSサービスとの連携例があって、親近感が持てました。
  • ASTERIA Warpの使いどころがとてもよくわかるプレゼンでした。 「つなぐ」を実践していると思いました。きちんと次を見据えてASTERIA Warpの利活用がされているので、参考になります。
  • 子会社の方でDXの話がちらほら出ており、情報収集中であったのでタイムリーでした。
  • 業務部門にASTERIA Warpのフロー改修をさせる気にしている所が素晴らしいと思いました。
  • 説明も聞き取りやすく、とても良かったと思いました。
  • 社内の意識改革につながった件が、印象に残りました。

続いて、パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 藤渕 泰匡 樣です。

【Project Award優秀事例講演2】
基幹システム再構築プロジェクト

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
エンタープライズソリューション事業部 ビジネスITソリューション部
ユニットリーダー 藤淵 泰匡 様

※エンドユーザー様名は非公開です

必要な連携を洗い出し、取得方法・更新単位・ループ処理等の仕様を整理、全22本を5パターンに分類・集約

「パッケージをベースに業務改善を行う」「パッケージのカスタマイズは極力行わず、現業務フローとの差異には業務フローの見直しにて対応する」というプロジェクト方針を徹底してお客様と共有することで、シンプルで効率的な開発を行うことができたというお話でした。

ERPパッケージのGRANDIT導入に伴い、ASTERIA Warp Core+を使ってkintoneで構築された営業支援サービスや会計システムへの仕分け連携を自動化しました。その際、プロジェクト方針に基づき、自動化できる連携対象の洗い出しと、仕様整理を徹底して行うことで、全体で22本の連携を5パターンに集約し、その基本パターンから展開して量産開発につなげられたとのことです。sansanとkintoneはアダプターを使用された他、できる限りシンプルな実装を目指したことも、後の量産でのコストメリットにつながったとのお話でした。

今後は、お客様自身が他の周辺システムとの連携の内製化を目指されているそうで、この後の展開もとっても気になりますね!

参加された方から、以下のようなコメントをいただきました。

  • 「パッケージのカスタマイズは極力行わず、業務フローとパッケージの差異は業務フローの方を見直す」というのをクライアントの方と握りながらプロジェクト進めた、とおっしゃっていたのが、なるほどーと思い個人的に響きました。
  • まさに自分がやろうとしていることだったので参考になりました。ASTERIA Warpによるデータ連携の作りこみ部分の工数をどのように見積もったのか気になります。
  • 私もパッケージ導入に関わっていますので、参考になりました。業務面での効率化についても今後期待したいと思いますので、また参考事例の共有をお願いします。
  • パッケージに業務を合わせるよう(ノンカスタマイズを)、どのように啓蒙活動(説得)したのか気になりました。
  • Coreを使ってのフローのパターン化、ものすごく惹かれました。また、パッケージをカスタマイズしないのをきちんと実践できたのがかなり衝撃でした。できそうでできない(ついついカスタマイズしてしまう)ことだと思います。
  • システム関連図が弊社に少し似ており興味深かったです。
  • 今後の他システムの連携も興味深いところでした。コロナ禍の中でのコミュニケーションも大変だったと思います。
  • 連携されているシステムの数も多く、参考になりました。

事例講演の最後は、株式会社ニックス 高橋 康彦 樣、日本ロードサービス株式会社 長田 英一 樣です。

【Project Award優秀事例講演3】
ASTERIA Warp Coreが支えるコールセンター業務のDX化

株式会社ニックス ICT利活推進営業部 課長高橋 康彦 様
日本ロードサービス株式会社 総務経理本部 情報システム部 部長 長田 英一 様

システム構成

コールセンター業務での音声データを可視化・分析することで、電話対応時間の削減や従業員負担の軽減につなげられたというお話でした。

自動応答の音声をmobiVoiceで文字情報に変換し、送信されるメール情報をASTERIA Warp Core+で分解してDB化、さらにAPI経由でkintoneにステータスを追加する、というシステム構成になっています。

これらの仕組みを利用することで、営業電話の応対が不要になったり、一次回答のデータをkintone上で確認してから折り返しできるようになったなど、月間の電話対応時間が約6割削減、1件当たりの電話対応時間が1分程度削減されたとのことです。また、入電時の担当割り振りやkintoneの登録を手動で行っていた作業が自動で行われるようになったため、ディスパッチ担当者の工数も不要になったとのことです。

プロジェクトの内容も素敵でしたが、お二人の絶妙な掛け合いも印象的なプレゼンでした!

参加された方から、以下のようなコメントをいただきました。

  • 音声データを文字データ化して構造化されたデータに変換する内容が興味深かったです。また、プレゼンテーションが非常に楽しかったです。
  • とっても楽しくてためになるご講演でした。 弊社も貴社のようにベンダー様と良好な関係でいたいなとしみじみ感じました。
  • 非常にわかりやすいプレゼンでした。ちゃんとまとめており、こういった使い方で改善できるというよい見本になったかと思います。
  • アナログからデジタルへの変換手法はとてもすばらしいと思いました。
  • 非構造化データを構造化データに変換という言葉に影響を受けました。
  • ASTERIA Warp愛が溢れるプレゼンでした。楽しかったです。 ASTERIA Warpの使い方としては自分にとっては未知の領域でした。動いているところが見てみたいなと思いました。
  • お二人の掛け合いでの新しい魅せ方も参考になりましたが、 まさにDXの事例で参考になりました。
  • 発表者お二人の視聴者を飽きさせない掛け合いが印象に残っています。 また、コールセンターという無形データがメインであり、DXが進みにくい現場でどうやって仕組みを作ったのか、という事例はとても面白かったです。

最も優れていると思われたプロジェクトに投票をお願いいたします!

3つの事例講演が終わった後、参加者の皆様に、最も優れていると思われたプロジェクトへ投票いただきました。投票結果は、クイズの受賞者と合わせて本レポートの最後でご紹介します!

菊地アイコン

DevFes 2021 Summer最後のセッションは、2021年6月25日にリリースされた、ASTERIA Warpの最新バージョンについて、デモンストレーションを交えてご紹介しました。

プレゼンターは、ASTERIA Warpのプリセールスエンジニア担当の『菊ちゃん』こと菊地です!こちらのアイコンと一緒に覚えてもらえると嬉しいです。

 

最新バージョン「ASTERIA Warp 2106」のご紹介

アステリア株式会社 マーケティング本部 プロダクトマーケティング部 菊地 雄大

SlackUploadのフロー図

これまでご要望の多かったFSMC、フローデザイナーのSSL化の設定方法、Slackコンポーネントなどの新機能の他、既存機能の改善ポイントについてもご説明しました。ASTERIA Warp新バージョン2016の詳細については、こちらの記事もご覧ください。

 

講演資料をASTERIA Warpデベロッパーのコミュニティ”ADN Slack” にアップロードするデモでは、#勉強会チャンネルへのポストは残念ながら失敗してしまいましたが、LIVE配信ならではのことで、Slackには笑いのスタンプや、激励のメッセージも寄せられていました。皆さまの心優しさに、涙が出そうでした。

DevFes2021Summer-Demo

終了後には、きちんとポストされていました!

 

参加された方から、以下のようなコメントをいただきました。

  • デモンストレーションにより使い方について具体的なイメージを持つことができました。 また、SlackGet、SlackDeleteについてどのように場面で使うのかご教示いただき、とても参考になりました。
  • コミュニケーションツールのアダプタ追加は是非、使ってみたいと思いました。
  • 実演をまじえての紹介でしたので、イメージしやすかったです。
  • 新機能紹介とてもわかりやすかったです。既存機能改善についてもHCSのパフォーマンスが圧倒的に早くなっていたり、マッパーの非表示が改善されていたりと非常に興味深い改善内容で、早く試してみたくなりました!
  • 既存機能の改良が地味に嬉しいです。
  • セキュリティ体制が高まっているので、新しい機能使うと思われます。
  • Teamsとの連携強化を望んでいましたので、本日お聞きできてよかったです。
  • コロナの影響で、リモートワークをしている方が多くなり、その需要に合わせたコンポーネントの追加が多く見受けられました。 弊社では使用しませんが、ASTERIA Warpを使用している企業次第で、業務効率が大幅に上がりそうな気がしました。

授賞式

アステリア株式会社 営業本部 副本部長 河上 敬

イベントの最後に、ASTERIA Warpデベロッパークイズ上位入賞者および、事例講演の投票結果を発表いたしました!

デベロッパークイズ上位入賞者

賞品のご紹介

まずは、デベロッパークイズの入賞者発表です。

最優秀賞(1名)

株式会社サイプレス・ソリューションズ 松山 拓人様

優秀賞(2名)

株式会社アイ・エス・アイソフトウェアー 前野 梓様
鈴与シンワート株式会社 櫻井様

今回のクイズの賞品は、ASTERIA Warpユーザー様が取り扱われている商品から選定いたしました。受賞された皆様、おめでとうございました!

最優秀賞者様よりコメント

最優秀賞を獲得された、株式会社サイプレス・ソリューションズ 松山 拓人様からコメントを頂きました。

  • 株式会社サイプレス・ソリューションズ 営業本部支店統括部東京支店 松山 拓人様
    この度は、DevFes2021のデベロッパークイズで最優秀賞を受賞することができ、大変嬉しく思います。
    私自身、ASTERIA Warpについてはまだまだ駆け出しの開発者であり、受賞者の名前を見た時には「まさか!」という気持ちでした。
    今回のクイズを通し、ASTERIA Warpへのより一層の理解と、さらなる開発技術の向上に努めていこうと思っています。
    改めまして、今回このような賞をいただき大変にありがとうございました。

 

なお、複数の方からご質問をいただきましたが、今回のクイズの最高点は72点でした!
平均値は38.7点でした。やっぱり、少し難しかったですよね。

ここだけの話ですが、クイズの社内レビューでの最高点は60点台でしたので、入賞された皆様の知識力を改めて確認できる結果となりました。残念ながら入賞に至らなかった方や参加できなかった方も、次回挑戦していただけると嬉しいです!

事例講演投票結果

続いて、事例講演の投票結果発表です。

第1位

株式会社ニックス様
日本ロードサービス株式会社様
ASTERIA Warp Core+が支えるコールセンター業務のDX化プロジェクト

第2位

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社様
基幹システム再構築プロジェクト

第3位

鈴与シンワート株式会社様
業務システム再構築プロジェクト

今回第1位に輝いた、株式会社ニックス様、日本ロードサービス株式会社様のプロジェクトは、パートナー投票で決定するProject Awardでも1位を獲得しており、2冠達成となりました。
本当におめでとうございます!

投票1位獲得の皆様よりコメント

株式会社ニックス 高橋様、日本ロードサービス株式会社 長田様からコメントを頂きました。

  • 株式会社ニックス ICT利活用推進営業部 課長 高橋 康彦 様
    プロジェクト投票で1位を取れて非常に嬉しく思います。
    ご投票頂いた皆様ありがとうございました。
    今後もASTERIA Warpの事例共有等を通じて、
    AUGに貢献できればと思います。
    長田さん、一緒に登壇していただきありがとうございました!
    また面白いプロジェクトをやって登壇しましょう!
  • 日本ロードサービス株式会社 総務経営本部 情報システム部 部長 長田 英一 様
    この度はプロジェクトで1位をいただき至極光栄でございます。
    今後もより一層ASTERIA Warpを活用していく所存でございます。
    NICS高橋さん、アステリア山脇さん、引き続き無茶振りに付き合ってください!!!

 

今回第2位のパナソニック インフォメーションシステムズ株式会社様、第3位の鈴与シンワート株式会社様のプロジェクトも、Project Awardの選考を勝ち抜かれたものですので、どれも本当に素晴らしいプロジェクトでした。ご登壇いただいた皆様、誠にありがとうございました。

編集後記

対面でのコミュニケーションが難しい状況ですが、「自宅から涼しく参加できた」、「オンラインになり、多くのメンバーが参加できるようになった」等のコメントをいただきました。

一方で、「デベロッパー同士で話したかった」「フリートークを開催しても面白いかも」というお声もいただきましたので、今後何らかの形で実現できればと考えております。

また、次の機会で皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ