膨大なIoTデータもリアルタイムに可視化!MotionBoard連携テンプレートのご紹介

膨大なIoTデータもリアルタイムに可視化!MotionBoard連携テンプレートのご紹介

こんにちは、アステリアのナガタです。

ナガタ キャラクター画像

今回は「MotionBoard」と連携を行うテンプレートをご紹介します!

 

MotionBoardはウイングアーク1st株式会社が提供するBIダッシュボードで、さまざまなデータの可視化・分析を行うために使われています。

テンプレートとして用意している機能は、CSVファイルやデータベースのデータをMotionBoardのリアルタイム連携機能に蓄積する機能です。

リアルタイム連携とは、IoTデータをリアルタイムに蓄積し、可視化することができる機能です。異常値のアラート機能や蓄積データを外部のデータベースに保存する機能など刻一刻と変わるIoTデータをリアルタイムに活用するための様々な機能がついています。

「MotionBoard」連携フローテンプレートご紹介

そんなMotionBoardリアルタイム連携テンプレートには2種類あります。

まずはそれぞれのテンプレートをインポートします。
テンプレートは下記ADNサイトよりダウンロードできます。

 

ダウンロードしたテンプレートファイルをインポートして準備は完了です。

テンプレートのインポート

プロジェクトの作成

CSVファイルからMotionboardへ

このテンプレートでは、CSVファイルのデータをMotionBoardに登録します。

CSVからMotionBoard(リアルタイム連携)へStep1~3

Step1~3では読み込むCSVデータの設定をします。


<Step1>データの読み込み元CSVファイルを指定します。

今回サンプルで読み込んだCSVファイルは気温データと湿度データを想定したダミーデータです。

気温データサンプル

 

<Step2> CSVのフィールド定義を設定します。

<Step3> CSVの読み込み開始行、エンコーディングを指定します。

 

CSVからMotionBoard(リアルタイム連携)へStep4~6

続いてStep4~6では、MotionBoard側の登録情報を設定します。

 

<Step4> MotionBoardのURLと、クライアントIDを設定します。

今回はサンプルで「CSV to MB」というIDを入力します。

 

<Step5> テンプレート名と認証キーを設定します。

テンプレート名は登録対象となるテンプレート名です。なにも入力しない場合、デフォルトテンプレートにデータが登録されます。テンプレートはMotionBoardのリアルタイム連携画面より事前に作成する必要があります。

認証キーはMotionBoardのリアルタイム連携画面で認証キーを設定している場合は設定してください。

<Step6> 更新対象となるステータス名のフィールドを定義します。

ステータス名はリアルタイム連携画面のステータスタブより事前に登録する必要があります。

 

これで完成です。

完成した登録フロー

実行してみると…

CSV to MB 実行結果

データが登録されました!
あとはボードを作成し、このデータをグラフ化したりフィルターをかけたり設定できますね。

データベースからMotionBoardへ

このテンプレートでは、データベースのデータをMotionBoardに登録します。

DBからMotionBoard(リアルタイム連携)へStep1

Step1では読み込むデータベースの設定をします。

<Step1> データベースのコネクションとフィールドを設定します。

 

DBからMotionBoard(リアルタイム連携)へStep2~4

続いてStep2~4では、MotionBoard側の登録情報を設定します。

 

<Step2> MotionBoardのURLと、クライアントIDを設定します。

今回はサンプルで「DB to MB」というIDを入力します。

<Step3> テンプレート名と認証キーを設定します。

テンプレート名は登録対象となるテンプレート名です。なにも入力しない場合、デフォルトテンプレートにデータが登録されます。テンプレートはMotionBoardのリアルタイム連携画面より事前に作成する必要があります。

認証キーはMotionBoardのリアルタイム連携画面で認証キーを設定している場合は設定してください。

<Step4> 更新対象となるステータス名のフィールドを定義します。

ステータス名はリアルタイム連携画面のステータスタブより事前に登録する必要があります。

 

これで完成です。

完成した読込フロー

結果を確認すると…

DB to MB 実行結果

データが登録されました。

最後に

テンプレートによって簡単に「MotionBoard」と連携できました。ASTERIA Warpを介して「MotionBoard」とつなげることで、膨大なIoTデータを価値のある情報として扱うことができますね。

みなさんもぜひ活用してみてください。



クラウド版

手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間を申し込んで
簡単データ連携を体験してみよう!

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
著者:鈴木 柚花

著者:
鈴木 柚花

ASTERIA Warpのプリセールや体験セミナー講師を担当しつつ技術から営業スキルまで、上司の下で日々勉強中の通称”ナガタ”です。

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X アステリア製品オンラインコミュニティ

ASTERIA Warpデベロッパーの方

アステリア製品オンラインコミュニティ
Asteria Park

アステリア製品デベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ