CRMがうまく動かないのにはワケがある[間違いだらけのCRM運用]第1章:日本におけるCRMに対する誤解
第5回:CRMのあるべき姿とは

CRMのあるべき姿とは

本来であれば、CRMは経営層が立てる経営戦略、顧客戦略に基づいて設計されるべきものであり、部門に閉じた部分最適化の仕組みではなく、経営戦略のための全体最適化された仕組みであることが必要だ。さまざまなチャネルから顧客の情報を拾い上げ、それをベースに顧客に対してとるべき戦略を立案していくことがCRMの果たす役割だといえるだろう。SFAやMAなどCRM領域にある各ソリューションは、あくまでCRMのサブシステムであり、CRMとイコールで語られるべきものではない。SFAを例に挙げれば、CRMにて立案された顧客戦略に沿って、営業活動の計画から実践を繰り返すPDCAを回していくことが目指す理想だ。つまり、サブシステムごとに行うPDCAの活動の基本となるのは、CRMによって導き出された顧客戦略に基づいていることが本来あるべき姿となる。

つまり、CRMは各サブシステム全体にまたがるものであり、CRMを中心に各サブシステムがぶら下がるような形の作り方がCRMには求められる。SFAやMAなど従来CRMと呼ばれてきたものは、CRMそのものではない。この構造をしっかり理解したうえで、CRMを考えていく必要がある。

CRMの姿
CRMのあるべき姿
【第1章:日本におけるCRMに対する誤解】


クラウド版

使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X アステリア製品オンラインコミュニティ

ASTERIA Warpデベロッパーの方

アステリア製品オンラインコミュニティ
Asteria Park

アステリア製品デベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ