ASTERIA Warp 製品ブログ

【つないでみた】kintoneとSalesforceをつないでみた

【つないでみた】kintoneとsalesforce.comをつないでみた ASTERIA Warpのkintoneアダプターのエクスペリメンタルビルドが本日公開になりました。


ダウンロードはこちらからご利用ください。
エクスペリメンタルビルド

 ※ダウンロードしていただくにはユーザー登録とログインが必要です。

今回はこのkintoneアダプターを使って早速つないでみようと思います。

 今回はありそうな連携として kintone と Salesforce と連携してみます。
Salesforceはクラウド型CRM(顧客管理)として世界中で使われているクラウドサービスの代表格です。営業メンバーのコミュニケーションツールや、売上分析のツールの提供もあります。顧客管理以外にもforce.comという自由にカスタマイズできるサービスも有り、至れり尽くせりですが、蓄積したデータを他の業務システムでも簡単に活用したい場面も有るのではないでしょうか?
社内の経理のシステムに取引先の情報を取り込んだりするシステム連携から、年末ですので年賀状送付リストを作るようなエクスポートまで様々な利用場面が考えられます。

実際の業務に比べればほんの一部だとは思いますが、早速Salesforceの顧客情報を取得してkintoneにつないでみたいと思います。


Salesforceへは専用のアダプターで接続するともっと簡単なのですが、今回は取引先だけでよいので、APIから直接取得しました。
ログインして、取引先一覧を取得、一件ごとの詳細を繰り返し取ってくるという流れです。

今回のメインはkintoneですので、まずはそちらを詳しく見てみます。
Salesforceから取得した取引先情報はkintoneへアイコン1つで保存できます。
この設定画面もアプリを選ぶだけでフィールドが一覧表示されるので直感的です。



保存する項目の設定はチェックを入れていくだけで完了です。
また、キー項目を指定することで、データの更新も対応しています。
kintoneのAPIを直接利用した場合、データの更新は一度レコードを削除して新規に追加する必要がありますが、アダプターを使うとチェックのみで実現できてしまいます。

あとはマッピングで必要な項目を接続していくだけです。



注意点として、Salesforceは住所が都道府県、市区町村、それ以下の3項目にわかれているのがデフォルトなので、そのあたりの考慮が必要ですがASTERIA Warpを使えばマッパーで簡単に結合するだけです。

と、いうわけで簡単に設定していくだけでSalesforceに登録された取引先が・・・



無事、kintoneに追加されました!




簡単設定だけでkintone連携出来てしまうkintoneアダプター、お使いになってみませんか?


クラウド版 使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル

関連記事:

ASTERIA Warpのkintoneアダプターが発表されました!
kintone×ASTERIA Warpの組み合わせでさらなる業務効率化を実現する5つの利用パターン

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。