給与計算にまつわる課題とは? 勤怠管理と給与計算を連携し、人事や経理業務の効率化を実現するポイント

給与計算にまつわる課題と効率化するポイントとは?

勤怠管理・給与計算のよくある課題とは

人事担当者が勤怠管理、給与計算といった業務に忙殺されているという課題を抱える企業は多いのではないでしょうか。こうした課題解決のため、勤怠、給与に関する業務システムは数多く存在します。一般的に、システムの導入によって解決できる業務上の課題は次のとおりです。

人的ミスやトラブルの発生

紙や手作業での入力や管理にはミスが起こる可能性があります。給与計算には人事データや交通費といったさまざまなデータを準備する必要があり、また、保健や税金といった専門知識を要するため、一つのミスで大きなトラブルに発展する可能性もあります。

作業に手間がかかっている

給与計算は、従業員一人ひとりのデータを正しく入力する必要があるため、従業員数が多くなればなるほど入力や計算に相当の時間と労力を要します。また、法令の改正等で帳票や計算方法が変更する場合の対応も必要で、業務負荷が高くなります。

勤怠・給与計算を効率的に行うためのシステム

こうした課題解決のため、多くの企業では勤怠管理システムや給与計算システムを利用しています。勤怠管理システムは、従業員の勤怠情報を管理するシステムです。パソコンやスマホから出退勤を打刻できる勤怠管理システムもあり、従業員数や事業所が多い企業でも、毎日の労働時間や残業時間、有給休暇日数などを容易に集計、管理することができます。

また、給与計算システムは、勤怠情報を基に給与計算を行うシステムで、勤怠情報をもとに、就業規則や従業員の就労条件などを反映し、支給額や控除額を計算するものです。

両システムを連携することで、勤怠・給与計算のさらなる効率化を実現することができます。

勤怠管理と給与計算をシステム連携するメリット

勤怠管理情報から給与計算を自動化

両システムを連携させることにより、勤怠管理情報から自動的に給与計算ができるようになります。手作業で行っていた連携されていないシステム間のデータ集計業務が自動化されるため、作業時間が削減でき業務効率化が期待できるほか、ミスも防ぐことができます。

人事総務担当者の負荷が軽減できる

勤怠管理システムと給与計算システムが連携していれば、給与計算の準備や複雑な作業も必要なくなります。就労時間を集計し、各種手当や控除金額を計算して給与額を算出、計算結果に間違いがないか、何重にチェックを行うといった作業が自動化されることで、人事・総務担当者の業務負荷軽減につながります。

法改正にも柔軟に対応が可能

勤怠管理や給与計算に関する法令の改正があった場合、税金や給与の算出方法が変わる場合があります。そのたびに対応を行うことは相当の手間がかかりますが、システムの中には、改正に対応した内容に自動アップデータされるものがあり、さらにシステムが連携していれば、改正後の法令に沿ってシステムが自動的に管理・計算できるようになります。

スピーディなシステム連携を実現するデータ連携ツール

そして、勤怠管理と給与計算システムの連携を、スピーディに進めることを可能にするのが、ノーコードのデータ連携ツール「ASTERIA Warp」です。

「ASTERIA Warp」は、特定の業務システムのデータ連携を容易に行うことができるようにパッケージされた業務自動化ツールで、基幹システムや、各種業務アプリケーション、クラウドサービスなど、100種類以上のデータソース間の複雑な連携やデータ変換をノーコードで実現することができます。

さらに、特定のシステムの連携をスムーズに実現できる便利なアダプター機能も用意されています。たとえば、「SmartHRアダプター」は、SmartHR社のクラウド人事労務ソフト「SmartHR」と、企業の基幹業務システムやその他のシステムを連携させるアダプターです。

ノーコードで、かつ連携システムなどの開発が不要で、従業員情報の登録・更新などもシステム間で自動的に連携することが可能になり、これまで手間が発生していた従業員・家族情報の管理や労務手続きの負担を軽減することができます。

連携アダプター利用でユースケースが広がる

実際に、連携アダプターを活用するユースケースとしては次のようなものがあります。

たとえば、アフターコロナで、テレワークとオフィスワークが並立し、「場所を問わない」働き方がますます浸透していくことが考えられます。そこで、勤怠システムに登録した出社状況を「Googleカレンダー」などのカレンダーツールと連携することで、従業員の出社状況がカレンダーで共有できるようになります。

また、働き方の多様化に伴い、通勤手当の支給方法を変更する企業もあります。従来、定期代などで支給されていた通勤手当を「出勤日数」などをベースに計算し、精算するといった規定の変更に際しても、勤怠管理システムから従業員の出社回数を集計、通勤手当管理を自動化することができます。

実際の導入事例としては、飲食事業を中心に、アミューズメント事業等を手がける株式会社DDホールディングスの事例があります。同社は、繁忙期には月700名を採用する中で、入社書類は紙を郵送しており、書類不備による返送も頻発するなどの課題を抱えていました。

そこで、各業態で運用されているシステムを連携させることで、システム全体の最適化を進めることとし、「ASTERIA Warp」を導入することで、kintone、クラウド人事労務ソフト「SmartHR」、そして社内システムを連携し入社手続きを効率化。入社手続き業務を月240時間削減するとともに、ペーパレス化により郵送費がゼロになる効果を挙げました。

まとめ

「ASTERIA Warp」によるシステム連携で勤怠管理と給与計算をノーコードで連携することができます。

さらに、他システムとの連携により、業務効率化による人事担当者の負荷軽減、人的ミスのリスク低減といったメリットを実現してみてはいかがでしょうか。

関連資料



クラウド版

手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間を申し込んで
「SmartHRアダプター、kintone アダプター」を試そう

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)

ASTERIA Warpデベロッパーの方

ASTERIA Warp オンラインコミュニティ
ADN slack

ASTERIA Warpデベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたASTERIA Warpの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ