【つないでみた】さくらインターネットのmijin環境につないでみた ②重要度の高いアカウント一覧を取得をしてみた

【つないでみた】さくらインターネットのmijin環境につないでみた ②アカウント一覧を取得をしてみた

前回「①サーバーの動作確認をしてみた」に引き続き、ブロックチェーン環境「mijin」につないでみました。

第2回目の今回は、アカウントの一覧を取得してみます。
アカウントはそれぞれを一意に識別するaddressや、公開鍵などを持っています。それぞれのアカウント同士のデータのやりとりはこのaddress情報が起点となります。

また、アカウントには「重要度」というプロパティが存在しています。
BitCoinなどとは異なる「重要度」という情報はmijin独自のもので特徴づけるものです。重要度は複雑な計算によって取引や仮想通貨の所持額などから算出されます。

 

「mijin環境」とつないでみた

そんなわけで重要度の高いアカウントの一覧を取得してみようと思います。

「重要度の高いアカウント一覧取得」フロー作成

作成したフローはこちら。

GetImportanceAccounts

「重要度情報」を取得

アカウントの一覧を取得するだけであれば、重要度を取得するAPI、account/importances を実行すると取得できます。
結果はJSONでaddress情報と、重要度が返ってきます。

「詳細情報」を取得

アカウントのaddressが欲しいだけであればここで終わりでも良いのですが、さらにアカウントに紐付いている公開鍵等の詳細情報を合わせて取得するため、1件毎に繰り返して詳細を取るようにしました。
詳細は account/get のAPIに対して、addressを引き渡すことで取得できます。

「重要度情報」と「詳細情報」をマージ

最後に、重要度の情報と詳細の情報をマージします。
結果はASTERIA Warpが扱いやすいXML形式で出力してみました。

result

このフローは他のフローから「サブフロー」として呼び出すことも想定しています。
特定の条件にあったアカウントだけに処理を実行するようなフローなどに活用できるかと思います。

最後に

次回はいよいよ仮想通貨の取引を実行してみたいと思います。

関連記事

他の記事についてはこちらをご覧ください。



クラウド版

手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間を申し込んで
「mijin アダプター」を試そう

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
著者:森 一弥

著者:
森 一弥

ASTERIA Warpシリーズ担当のシニアプロダクトマネージャー。ホワイトペーパーの執筆のほか、開発経験を活かしたASTERIA Warpを使ったデモ作成等を実施。

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)

ASTERIA Warpデベロッパーの方

ASTERIA Warp オンラインコミュニティ
ADN slack

ASTERIA Warpデベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたASTERIA Warpの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ