ASTERIA Warp 製品ブログ:用語

API連携とは?API連携のメリット・デメリット・活用法

API Application Programming Interface

APIとは

APIとは、Application Programming Interfaceの略語でソフトウェアの一部機能やデータを外部から利用できるようにしたインターフェイスの仕様を指します。例えば、サイトで特定のデータを共有する場合、どのような方法で情報を要求すべきか、そしてどのようなデータが提供されるかに対する規格です。

ソフトウェアの一部を公開(APIを公開)することで外部との窓口ができ、機能連携が簡単に行えるようになります。最近ではAPIを公開しているソフトウェアも多くみられ、アプリケーション同士の連携が容易になりました。

1. API連携とは

APIを活用してアプリケーション同士の機能を連携することをAPI連携といいます。 API連携を利用すると他のサービスの機能を自らのサービスで活用することができるので、ゼロからプログラムを組むことなく他のサービスと連携し、サービスを拡張することができます。

例えば、ニュース、天気、ファイナンス情報などが掲載されているポータルサイトでは、気象庁などのオープンデータとAPI連携することで、データ取得・活用していると言えます。

アプリケーション、API、気象庁

2. API連携の仕組み

API連携のプロセスは、リクエスト(要求)とレスポンス(応答)で構成されます。
決められたルールに従ってリクエスト(要求)すると、APIを提供するサービスやソフトウェアが処理し、その結果をレスポンス(応答)します。

たとえば、飲食店で料理を注文してから提供されるまでの流れをイメージしてみましょう。

  • 店員からメニューが渡される 【API連携のルール】
  • 食べたい料理を決め、店員を呼んで注文する 【リクエスト】
  • 店員がシェフに伝えて料理を作る 【リクエストの処理】
  • 店員が注文した料理を提供する 【レスポンス】

この場合、店員は「API」、料理を注文してから提供するまでの動作が「API連携」となります。

API連携のメリット

1. 開発が効率化できる

全てのサービスを一から開発する必要がないため、開発リソースの負荷を減らせます。例えば、天気情報を利用して天気予報サイトなど何らかのサービスを提供しようとする場合、気象庁のデータなどを活用すれば、新たなサービスを効率的に開発することができます。

2. 開発コストが削減できる

アプリケーションの開発は、完成までに時間と費用がかかりますし、運用時にもエラーやバグなどによる改修作業やバージョンアップ作業も必要となります。これはアプリケーションの処理が高度になればなるほど開発にかかるコストは高くなります。
APIの多くは無料で公開されているため、APIを利用すると自社で開発する必要がないので、開発にかかる時間や費用を大幅に削減することができます。

3. セキュリティが向上する

自社のサービスで会員登録やログイン機能を使う場合、FacebookやTwitterなどSNS認証など、既存のセキュリティレベルが高いシステムを利用することで、自社で会員登録やログイン機能を作るよりも高度なセキュリティを確保でき、ユーザーの安心感や信頼度にもつながります。

4. 顧客満足度が向上する

多様なサービスが備わった他社コンテンツとAPI連携することで、様々なサービスを低価でお客様へ提供することができ、顧客満足度を向上することができます。

API連携のデメリット

1. API連携先に左右される

APIを提供する企業が何らかの理由でサービスの提供を停止すると関連した自社のサービスにも影響が生じるリスクがあります。自社のサービスがAPIの提供企業のサービスに依存しすぎるとユーザーに適切なサービスが提供出来なくなります。

2. 不具合の対応が困難

APIを提供する企業のサーバーに何らかの障害が発生した場合、自社のサービスにも不具合が発生する可能性があります。この場合、自社では障害の対応ができないため、様々な状態の想定と対応策を検討しておく必要があります。

APIを提供するクラウドサービス

1. Google

メール、スプレッドシート、クラウドストレージ、連絡先、カレンダー、地図など、様々なクラウドサービスを提供しており、他社アプリからも利用できるようAPIを提供しています。

2. Microsoft

Microsoft Graph APIを提供しており、タスク、チャット、チーム、カレンダー、ファイル等のクラウドサービスとの連携が可能です。

3. サイボウズ

kintone、Garoon、サイボウズOffice、メールワイズ等の製品でAPIを提供しています。

4. Sansan

名刺管理サービスであるSansanもAPIを提供しており、他のアプリで顧客データを連携することができます。
他にも多くのサービスが自社の製品とサービスが連携できるようAPIを提供しています。

API連携の利用シーン

API連携でどのようなことができるのか、もう少し具体的な連携イメージを紹介してみましょう。
マーケティング活動として行われたイベント、セミナーの終了後に参加者へアンケートをお願いすることがあるかと思います。 記入して頂いたアンケート結果は集計し、その結果をチーム内で共有する必要があるかと思います。API連携を利用するとこのような一連の処理を自動化することができます。

アンケートの集計、連絡先への登録アプリ

ここでは、Googleフォームから作成されたアンケートに対し、それぞれのサービスが提供しているAPIを利用して

  1. アンケートデータの取得 【Google スプレッドシートとのAPI連携】
  2. アンケートの集計結果をチーム内で共有 【Google ドライブとのAPI連携】
  3. 連絡先を登録 【Google コンタクトとのAPI連携】

などの処理をアンケートの集計アプリで組み込んで自動化しています。

クラウド連携基盤構築事例

API連携をより簡単に組み込むことができるデータ連携ツールを使って、他社のクラウドサービスとの連携処理を実現した事例をいくつかご紹介します。

またデータ連携について詳しく知りたい方は「データ連携とは?データ連携の定義からメリット、課題、実現方法をご紹介」の記事をご確認ください。

まとめ

API連携についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

API連携は幅広い可能性を秘めており、企業やサービスの利用者にとってさまざまな価値を生み出すものとなっています。
API連携についてさらに詳しく知りたい方にはこちらの資料もおすすめです。


関連資料

クラウド版

使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ