ASTERIA Warp 製品ブログ:用語

EAIとは?導入のメリットやETLツールとの違い

EAIとは?

EAI(イー・エー・アイ)とは「Enterprise Application Integration」の略で、企業内で業務に使用される複数のシステムを連携させ、データやプロセスの効率的な統合(Integration)をはかる仕組みおよびそのシステムを指します。

企業内ではさまざまなデータを扱いますが、それらのデータは部署ごと、業務ごとに複数のシステムを使って管理することが一般的です。
しかし、システムを分けるとデータが散在してしまい、同じデータを多重入力したり、データを組み合わせた活用が困難であったり、課題も多く存在します。
それらの課題は各システムを連携させデータを一元管理することで解決しよう!と考えるのがEAIの基本です。

EAIツール 連携イメージ

システム連携が必要なケース

どういった場合にシステム連携が必要になるのでしょうか。主なケースを3つ紹介します。

別システムのデータを参照する場合

例えば、受発注システムで管理する注文商品の在庫を在庫管理システムで確認するなど、複数システムのデータを参照しながら処理する業務は多くあります。システム連携しないと都度データを確認する必要があり、手間がかかります。

多重入力が発生する場合

例えば、新しく入社した人の社員情報は人事システム以外にも勤怠管理システムやグループウェアなどの各種システム・サービスにも登録する必要があります。このように、同じデータを複数のシステムで扱うことはよくありますが、システムが連携されていないとそれらを手動で多重入力する必要があり、手間がかかるだけでなく、入力ミスや入力忘れなどが発生する恐れがあります。

複数システム間のデータを組み合わせて活用する場合

例えば、営業管理システム上の営業活動情報や商談履歴と販売管理システム上の売上履歴を元に営業工数を分析するなど、データドリブンな業務プロセスの見直しやDX実現をするうえでシステム連携は必須であると言えます。

EAIツール導入のメリット

EAIを実現する機能をもった製品を「EAIツール」と呼びます。EAIツールの多くは、コーディングが不要なノーコードで処理が開発できるため、プログラミングの専門知識がなくても効率的にシステム間のシームレスな連携を実現できます。EAIツール導入の具体的なメリットを紹介します。

効率よくシステム間のデータを連携できる

EAIツールは、システム連携の基本的な流れである「データ取得」「データ加工・変換」「データ登録」などの処理をノーコードで簡単に作成できることが最大の特長です。データベースやファイル、クラウドサービスなど、さまざまなデータソースと連携することで、業務効率化やデータ活用の幅が広がります。

データの正確性、信頼性が上がる

EAIツールで作った連携処理は、毎日毎月などのバッチ処理以外に、外部トリガーを使ったリアルタイム連携もあります。データの変化を検知して自動で反映されるため、常に正確な最新データを扱うことが可能です。

システムを保守管理しやすくなる

EAIツールを使うとシステム連携処理が可視化され、各システムで扱うデータを把握しやすくなります。

EAIツールとETLツールは何が違う?

EAIとよく混同される言葉に”ETL”があります。それぞれの違いを紹介します。

ETLはExtract Transform Loadの略で、Extractは抽出、Transformは変換、Loadは書出しを意味します。企業内で使っている各種システムのデータをBIツールなどで分析するために、変換・加工し、フォーマットを整えたうえでDWHなどに書き出すプロセスを指しています。もちろん、抽出・変換・書出しという3つの処理自体はEAIツールでも実現できますが、ETLはログなどの比較的大量データをBIで分析しやすいカタチにしてDWHに保存することを目的としたツールです。目的が異なるためツールの性質も少し異なりますが、似た操作ができるため、ETL用途でEAIツールを導入するケースも多々あります。

EAIツールとスクラッチ開発との違い

スクラッチ開発とは、パッケージソフトなどを使わず一から開発を行うことです。パッケージソフトの機能制限などがなく、柔軟にシステム開発ができることが特長です。しかし、スクラッチ開発ではコーディングが必要なため、開発工数がかかります。また、プログラミングの専門知識が必要で、品質が開発者の力量に左右され属人化しやすいなどのデメリットがあります。一方、EAIツールはノーコードで開発可能なため、高速開発が可能です。また、専門知識を必要とせずだれでも開発できることもポイントです。

開発工程の違い

EAIツールの選定ポイント

EAIツールを導入する場合に注目すべきポイントを紹介します。

連携先の豊富さ

EAIツールはさまざまなシステムと連携するツールなので、連携先が多いほど柔軟にシステムとの連携ができると言えます。

操作性・運用性

ノーコードを活かして内製化を進める場合は、とくに開発のしやすさ(操作性)は重要です。それぞれのツールで特長があるのでぜひ評価版などを使って試してみると良いでしょう。また、開発のしやすさと同時に運用のしやすさも重要です。実行設定やエラー時の設定なども確認しましょう。

価格

最近ではサブスクリプションで提供するEAIツールも登場し、小規模な連携でも導入しやすくなっています。同じ製品で複数プランを展開していることも多いので、どういうプランがあるか問い合わせてみることをおすすめします。

EAI導入事例

データベースなどの社内システム以外にもクラウドサービス、Excelファイルなどさまざまなデータソースと連携し業務自動化を実現したEAIツールの導入事例をいくつかご紹介します。

こちらはEAIの導入事例がまとめられた事例集です。EAIの活用シーンがカテゴリーごとにまとめられているので、利用イメージを持つのにおすすめです。

最後に

EAIの定義からシステム連携の必要性、EAIツールのメリットなどをご紹介しました。
アステリア社ではEAIツール国内シェアNo.1の「ASTERIA Warp」を提供しています。興味のある方はぜひ評価版で試してみてはいかがでしょう!

クラウド版

使い方いろいろ!
手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
【ASTERIA Warp 事例集】業務自動化/RPA、EAI、マスターデータ管理、クラウド連携・・・業務効率化・データ活用事例をまとめ読み

用語・関連記事

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ