データ活用とは|メリットやビジネスで活用する方法を紹介

2022/02/03

データ活用

データ活用とは

データ活用とは、企業にあるさまざまなデータを日々の業務の中で継続的に活用していくことで、生産性の向上や業務効率化を図ることです。トラブルなどがあったときにイレギュラーで分析するのではなく、日常的に継続して活用することを指します。

データ活用の現状

データを活用する企業は徐々に増えて来ており、また、経営のためにデータ活用したいと考えている企業も増えています。

総務省が発表した「令和2年版 情報通信白書」によると、2015年の調査結果と比べPOSデータやeコマースによる販売記録を活用している企業が増えていることがわかります。

分析に活用しているデータ
分析に活用しているデータ

(出典)総務省(2020)「デジタルデータの経済的価値の計測と活用の現状に関する調査研究」

データを記録している企業のうち、そのデータを上手く活用している企業がまだ多いわけではないのが、現状の課題です。特に企業別に見ると、大企業の活用割合は多いものの、中小企業ではまだまだ活用がしきれていないといえるでしょう。

分析に活用しているデータ(企業規模別)
分析に活用しているデータ(企業規模別)

(出典)総務省(2020)「デジタルデータの経済的価値の計測と活用の現状に関する調査研究」

データ活用のメリット

データ活用することで正しく現状の把握ができるようになります。それにより、次のようなメリットがあげられます。

売上への貢献

データ活用により次のようなことがわかるので、売上アップに繋げることができます。

  • 顧客の関心や嗜好がわかる
  • 最新の情報がわかる
  • ターゲットを絞り込める

推測や勘ではなく実際のデータを元に、効率的に売上アップのための活動ができます。

新戦略の提案

複数のデータを網羅的に見ていくことで、単一のデータを見ているだけでは気づかなかった、新しい戦略が見つけられる場合もあります。

また、データに基づいた戦略なので、立案や実行がスムーズで狙いも的確です。

事業拡大に効率的

データに沿って経営戦略を立てられるので、効果的に事業拡大ができます。また、前述した新しい戦略がどれくらい効果があったのかもデータで検証することが可能です。それらのデータを用いることで今後の予測も行えます。

社内外に存在するデータの種類

社内外にどのようなデータがあるのか、具体的に紹介します。

オープンデータ

オープンデータとは、誰でもインターネットなどを通じて簡単に利用できるように公開されたデータのことです。例えば、国や地方公共団体などが保有、公開しているデータで、次のように定義されています。

国、地方公共団体及び事業者が保有する官民データのうち、国民誰もがインターネット等を通じて容易に利用(加工、編集、再配布等)できるよう、次のいずれの項目にも該当する形で公開されたデータをオープンデータと定義する。

  1. 営利目的、非営利目的を問わず二次利用可能なルールが適用されたもの
  2. 機械判読に適したもの
  3. 無償で利用できるもの

企業データ

企業データは、次の2つに分けられます。

  • M2Mデータ
  • 暗黙知データ(知のデジタル化)

M2Mとは「Machine to Machine」の略で、人が介在することなく、機械同士が相互に情報をやりとりすることを指します。天候情報がわかるアメダスのように、計測や記録の機械から情報を収集する役割などのことを指します。これらのように、機械と機械を繋ぎ合わせて作り出したデータをM2Mデータと呼びます。

暗黙知データとは、企業が持っているデータの中で、M2Mデータと次に紹介するパーソナルデータ以外のものを指します。今後は身の回りのさまざまな知識がデジタル化されると考えられており、暗黙知データを用いることで従来は経験や勘などに頼っていたことがデータに基づいて進められるようになるでしょう。

パーソナルデータ

パーソナルデータとは、個人を識別できる情報だけでなく、個人に関する情報全体を指します。具体例としては以下のようなものです。

  • 商品の購買履歴
  • インターネット閲覧履歴
  • 使用しているスマートフォンのIPアドレス

これらの情報は個人が特定されないように加工されているので、個人情報には当たりません。

ビジネスでデータを活用するための方法

ビジネスでデータを活用するためには、以下のようなことに気を付けて取り扱うと良いでしょう。

信頼できるデータを用意する

データ活用のためのデータは信頼できるデータでなくてはいけません。信頼できるデータとは次のようなものです。

  • 正しい数値
  • 統一された表記
  • 出自がはっきりしている

当然ながら、間違ったデータを元に経営の判断をすることはできません。数値は正しいことが前提です。さらに、比較や検討しやすいように統一された表記が求められます。単位などを統一し、一目で内容を理解でき、誤字もないようにします。

また、データがどこから来たものかも信頼性に関わります。正しいところから得た正しいデータであることが証明できることが重要です。

データの集約

社内のさまざまなツールに蓄積した多くのデータを集め分析することで、より良い検証や精度の高い予測ができるようになります。

また、課題や目的に必要なデータを意識的に集めることも大切です。分析したいことに対して、どのようなデータが必要なのか、不足しているのかを考えると効果的にデータを集約できます。

可視化したデータの分析

正しいデータが必要なだけ集まったら、一目でわかるように分析します。例えば次のような形に加工すると可視化しやすいです。

  • グラフ
  • 一覧

どの方法が良いのかは、データの内容や使用方法によって異なります。多くの人に伝わりやすい形に加工するのがおすすめです。

各職種でのデータ活用例

飲食店や小売店では、仕入れや販売のデータを日常的に取り扱っており活用しやすいでしょう。では、各職種ではどのようなデータをどのように活用しているのか紹介します。

  • 製造
    • 製品データ……生産数、作業工数、原価率
  • マーケティング
    • 広告データ……コスト、ネット広告の流入数、メールマガジンの反応
    • イベントデータ……集客数、アンケート集計結果
  • 営業
    • 顧客データ……顧客の性別や年齢、職業、生活のスタイル
    • 売上データ……商品別、地域別、営業所別など
    • 商談データ……件数、回数、会話の内容
  • カスタマーサポート
    • 問い合わせデータ……件数、通話時間、問い合わせ内容
  • 人事
    • 社員データ……社員名簿、勤怠、給与
    • 求人データ……求人コスト、応募数、応募者の属性

このようにさまざまな情報をデータとして扱い、集約・分析しています。

社内に点在しているデータを活用するためには

社内にはさまざまなデータがありますが、より効率的にデータを集め活用するには、以下の2点を意識することが大切です。

「データ連携」の重要性

データ連携とはアプリやシステムに関わらず、データを集約し活用することです。データベースやクラウドなどさまざまな場所で保管されているデータを、組み合わせて活用できるようにします。

整合性のあるデータが扱えるようになるのもデータ連携のメリットです。データをバラバラで管理していると、在庫管理システムと販売管理システムの在庫数が異なり、在庫があるのに品切れと判断してしまうことがあります。データ連携していれば、どのシステムから確認しても同じ数値が確認できるようになります。

データ連携については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

集約したデータを分析・活用するために

さまざまな企業がさまざまなツールを使って分析をしていますが、市場は急激な速さで変化しています。集約したデータは、必要な時に必要な形で活用できるように、常に管理しておくことが重要です。

そこで、BIツールを使って必要な部分のみを分析すると良いでしょう。BIとはビジネスインテリジェンスのことで、データを集約しただけでなく必要な形に加工・分析した上で蓄積しています。

全てのデータを一気通貫して繋げられるのが「ASTERIA Warp」

データ活用するためにはデータ集約し、加工・分析することが大切です。「ASTERIA Warp」なら、データ集約や加工も自動で行い、必要なデータをBIツールと連携し活用することもできます。

さらに、システムはノーコードで開発できるので、データが必要な時に毎回情シスに依頼することなく、現場のメンバーが必要な機能を使いやすい形で作ることが可能です。

具体的にどのように利用されているのか紹介します。

データ連携により経営課題・ユーザー要望に迅速に対応

Q.B.B.ブランドなどチーズを中心に扱う、食品メーカーの 六甲バター株式会社は、システム運用の属人化や複雑化が原因で全体を把握することが難しい、という課題がありました。そこでASTERIA Warpを活用し、経理システム・販売促進システムをBIツールと連携し、日次でデータを連携することで、今まで月次締後でないと確認できなかった経理データがいつでも確認できるようになりました。また工数削減という観点では、月次処理に手作業で約1時間かかっていた経費データのBIツールへの受け渡し処理が自動化され、約5分間の日次バッチ処理でデータを反映できるようになりました。

システムの細かな内容や実装までの流れはこちらで詳しく紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

約50種類の広告配信データを集約しデータ分析を効率化

インターネット広告事業やメディアやアプリの開発・運営などアジアを中心に世界各国に展開している株式会社アドウェイズは、「広告配信データ集約プロジェクト」をスタートしました。

当初、レポート作成担当者は自身が担当する各広告媒体からデータを手作業で取得していました。そこで、ASTERIA Warpを使って手作業で行っていたデータ収集を自動化し、100時間の業務削減が可能になりました。さらに、約50種類ある広告配信データのフォーマットを統一し、活用しやすい形でAmazon S3にアップロードすることでさまざまな部門が見やすいデータを作成・共有できています。

導入までの流れや連携の内容についてはこちらのページをご覧ください。

まとめ

データ活用とは、企業にあるさまざまなデータを日々の業務の中で継続的に集約し活用していくことです。リアルタイムで現状が把握できるようになり、売り上げへの貢献や新しい企業戦略の提案などに役立ちます。ビジネスでデータ活用をするためには、企業内に散らばっているさまざまデータを信頼できる形で集め、誰もが活用しやすい形に分析することが大切です。

ASTERIA Warpでは社内に散らばっているデータを連携することで、必要な時に必要なデータを、適切な形で共有し有効に活用することができます。また、ノーコードでの開発が可能なため、社内でシステム開発のメンバーがいない、工数があまり割けない場合にも、簡単に開発を行うことが出来ます。

今までのデータ活用事例は下記ページからご確認いただけます。様々な業界・課題に合わせてデータの連携・活用を行っていますので、是非実際の活用事例をご覧いただき、自社のデータ活用のご参考にしてください。



クラウド版

手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間を申し込んで
簡単データ連携を体験してみよう!

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
「ASTERIA Warp、データ分析、クラウド、業務効率化、最新技術」人気!ホワイトペーパーダウンロード受付中!今すぐチェック
ASTERIA Warpと色々つないでみた特集!記事はこちら>

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)

ASTERIA Warpデベロッパーの方

ASTERIA Warp オンラインコミュニティ
ADN slack

ASTERIA Warpデベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたASTERIA Warpの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ