【つないでみた】TwitterにつないでBotをつくってみた

【つないでみた】TwitterにつないでBotをつくってみた

Twitterは140文字で「つぶやく」コミュニケーションツールな訳ですが、やっぱりAPIというものが存在します。

このAPIを使えば自動的につぶやくBotと呼ばれるアプリケーションを作ったり、検索結果を取得したりすることができます。

しかし、2013年6月にBASIC認証が廃止され、OAuthという認証方式になりました。
要するに、セキュリティの観点から以前は簡単に使用できたAPIのハードルが上がってしまったわけです。

「Twitter」とつないでみた

それでもASTERIA Warpで頑張るとTwitterのAPIを利用することが出来ます。

OAuth認証の方式を詳しく説明するのはテクニカルな内容になってしまうので、後日ADN(ASTERIA Warp Developer Network)にて情報提供を行うとして、今回はタイトルにもあるようにTwitterのBotを作ってみました。

Botでつぶやく内容は、以下のASTERIA WarpのFAQです。

こちらを「HTML解析コンポーネント」で取得し、ランダムで1件選択します。

Tweet用のフローの呼び出しはSubFlowコンポーネントでも可能ですが、今回はTimerコンポーネントを使ってみました。

Timerコンポーネントは指定した時間後に別のフローを実行するコンポーネントですが、0秒に設定することで直ぐに実行し、結果を待たずに次に進んでくれる非同期のコンポーネントとして使用できます。

さて、Tweet用のフローは次のような感じです。

すごく簡単そうに見えますが、マッパーの中でOAuth認証のデータを作っています。

逆に言えば、APIを呼び出すだけならすごく簡単ということですね。

ちなみにTwitterからの結果データもJSONです。

で、できあがったものを3時間おきに実行するようにトリガー設定して出来上がりです。

フローダウンロード

今回のフローはこちらからダウンロードしてお使いいただけます↓

フローダウンロード

Twitterで自動的につぶやくフローです。
Twitterの開発用IDの取得など必要な手続きが他よりも多いはずです。

 



クラウド版

手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間を申し込んで
「Twitterアダプター」を試そう

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
著者:森 一弥

著者:
森 一弥

ASTERIA Warpシリーズ担当のシニアプロダクトマネージャー。ホワイトペーパーの執筆のほか、開発経験を活かしたASTERIA Warpを使ったデモ作成等を実施。

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)

ASTERIA Warpデベロッパーの方

ASTERIA Warp オンラインコミュニティ
ADN slack

ASTERIA Warpデベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたASTERIA Warpの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ