ASTERIA Warp導入事例:
日揮触媒化成 株式会社

日揮触媒化成 株式会社

社内情報・業務処理の核となるポータルサイトをASTERIA Warpのみで構築!

[日揮触媒化成 株式会社]

業種:
製造業
利用シーン:
データ連携基盤, 業務自動化
連携製品:
ERPパッケージ, Excel / CSV
導入背景

データ連携の内製化により、業務パッケージに足りない機能を拡張

日揮触媒化成は、現代生活に欠かせない触媒、環境・新エネルギー、ファインの3分野で事業展開している無機機能材料モノづくりメーカー。「微は、美」を合言葉に、ナノ微粒子調製技術などのナノ基盤技術を中心とした独自の技術を開発、活用し、製品として提供している。同社では、老朽化した基幹システムのリプレイスプロジェクトが開始された。会計・販売管理システム”Hybrish”、原価管理システム”ProSCOPE-C”、品質検査管理システム”Lab-Aid”、人事システム”ZeeM”、4パッケージを導入。同時に属人化していた個別システムやツールを廃止し、システム間のデータ連携用途としてASTERIA Warpを導入した。運用が始まると単一の業務パッケージ機能では使いにくいことや実現できないことがあり、各部署から改善要望があがった。それら要望に応えるべく、ASTERIA Warpをユーザー向け業務支援システムの開発ツールとして活用することになった。

課題

  • データ参照機能の不足
    登録されているデータのうち必要なデータのみを参照するための絞り込み機能を単一の業務パッケージで実現することが難しかった。日々多くのデータをやり取りを行うため簡単に素早く必要なデータを取得することはニーズが高く、早急な対応が求められた。
  • 機能ごとの権限設定
    人事、財務、製品処理状況など、機密情報を扱うこともあり、特定の人以外が操作できないように権限を設定する必要があった。
  • 特殊な独自仕様への対応
    独自の計算式を用いる工場向けシステムは、市販の生産管理パッケージを利用することが困難だった。

導入

  • 社内ポータルサイトを構築
    ERPパッケージ内のデータ利用に必要な追加機能をまとめた社内向けポータルサイトを構築。Active Directory 認証を用いることでユーザーごとに権限を設定可能に。
  • 1機能の開発時間は約2時間
    作成した処理フローを複製し、機能要望に合わせて軽微な画面変更とプロパティを変更するだけで開発が完了。開発効率を最大化。
  • 標準機能のみでポータルサイトを構築
    ASTERIA Warpが「Webサーバー」となる機能やHTTPリクエストが送信されると処理が実行される「URLトリガー」機能を利用する事より、他のソフトウェアを導入することなくポータルサイトを構築。

効果

  • ポータルサイトで200以上の機能が運用中
    物流のステータス管理や承認処理など数多くのデータ連携機能を社内ポータルサイトに集約することでユーザーの利便性を向上。
  • 1日数千回、1000万件以上のデータ処理
    頻繁に実行される大量データの検索・抽出も安定して稼働。ユーザーは必要な時に必要なデータを取得可能。
  • 内製化によるコスト削減
    大きなコストをかけられない製造現場の利用するサブシステムなども、内製化によって実現。費用対効果を測りながら、柔軟にユーザーの意見を取り入れた業務改善が可能に。

ASTERIA Warp選定理由

  • 生産性の高さ
    GUI開発により超高速開発を実現可能。処理内容の確認、改修も容易。
  • 豊富な連携機能
    パッケージ間連携だけではなく、Excelファイル出力やWeb画面表示など広く利用可能

今後の予定

  • IoTデータの処理
    製造現場で試用中のIoTセンサーデータなど10秒間に数千件発生するような大量データを整形し、見える化することで、品質向上や生産効率向上に貢献。
  • 製造現場に応じた業務改善
    製造現場を見て、費用対効果を総合的に判断し、必要なシステムを追加・拡張予定。

システム概要図

システム概要図

お客様から一言
ASTERIA WarpのココがGood!

基幹業務システムのリプレイス時、いままでと使い勝手の違うシステムなのでユーザーに多少の混乱が生じることは予想していました。ですから、ASTERIA Warpを導入する際にはパッケージ間データ連携だけでなく、パッケージ内のデータをユーザーが活用するための情報提供を実現できないかと考えていました。期待通り、ユーザーのニーズに沿う機能を素早く作成して提供することができ、混乱を早期解消できました。
パッケージに縛られることなくデータを活用するためにASTERIA Warpはなくてはならない存在です。導入当時から6年以上稼働しており、バージョンアップも比較的容易に行えるので今後も安心して長く使える製品だと思っています。 管理本部システム部
デジタル化企画推進グループマネージャー 森田 正吾 様

お客様から一言:アイコン

日揮触媒化成株式会社

神奈川県川崎市幸区堀川町580番地 ソリッドスクエア東館16階

URL:http://www.jgccc.com/

― ASTERIA Warpとは?

ASTERIA Warpは、8,000社以上の企業に導入いただいている
13年連続で国内シェアNo.1のノン・コーディング データ連携ツールです

『誰でも、もっと ASTERIA Warp』をコンセプトに、専門的な技術がなくても利用できる データ連携の基盤製品で、企業内の新旧さまざまなシステムやクラウド上のデータをスムーズに連携し、コストの削減や業務の効率化をサポートします。

業種や規模、用途を問わずさまざまなシーンでお使いいただけ、ノン・コーディングにより非エンジニアの方でも手軽にデータ連携がはじめられます。

特長

1.ノン・コーディングで構築期間を短縮!
2.自動化で日々の業務を効率化!
3.豊富なアダプターで将来性も万全!

ASTERIA Warp

シェアNo.1データ連携ミドルウェア詳細資料をご希望の方はこちら

資料請求

30日間すべての機能をお試し!全員に書籍プレゼント中

無料トライアル

標準価格480万円、月額課金24万円~。詳細はお見積りをご依頼ください

お見積もり

製品や導入についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。