【つないでみた】Twitterをポジネガ分析してみた

【つないでみた】TTwitterをポジネガ分析してみた

前回にひき続いてTwitterネタです。

よくありがち?な、つぶやきを分析してポジティブ、ネガティブ分析をしてみようと思います。
 
 今回のつなぎ先は、当然ですがTwitterです。キーワード検索してその結果を分析します。
キーワードは「データ統合」にしてみました。

ポジ・ネガ分析ですが、APIで提供しているところを探して、メタデータ株式会社にたどり着きました。
www.metadata.co.jp/koseido-negapoji-api.html
+3.0から-3.0までの7段階で評価してくれるようです。

最後に返ってきた結果をグラフにします。 
こちらは様々なソリューションがありますが、今回はGoogle ChartのBar chart を利用します。
google-developers.appspot.com/chart/interactive/docs/gallery/barchart

作成するフローは大きくは2つ。
1つ目はTwitterからデータ取得してポジネガ分析し、結果をファイルに保存するフローです。


Mainフロー

今回のメインとなるフローです。
Twitterにもポジネガ分析にもAPIの実行回数制限があるため、1日に1度だけ実行して結果をファイルにとっておく方式としました。
回数制限がなければリアルタイム分析なども可能なのかと思いますが、まぁ贅沢は言いません。。

2つ目のフローは保存したファイルを元にGoogle ChartAPIを使ってグラフを描画するフローです。

Google Chart でグラフ作成
さて、結果を見てみましょう。



どうでしょうか?
 
今回はサンプル的に作ってみましたが、自社製品やサービスに対する評価・評判を分析するニーズは数多くあるのではないでしょうか?
また、分析対象のデータもTwitterに限らず、自社で集めたアンケート等、いろいろと用途は考えられそうですね。


フローをダウンロードする >>
 Twitterの内容を分析するフローです。Twitter以外にもAPIへの登録が必要となります。


クラウド版

手ぶら de ASTERIA Warp
体験 5日間を申し込んで
「Twitterアダプター」を試そう

サーバー準備の手間なくデータ連携ツール「ASTERIA Warp」の
全ての機能を5日間お試しいただけます。

今すぐ体験してみる 書籍の詳細についてはこちらをご覧ください。
基礎と実践 使い方マニュアル
著者:森 一弥

著者:
森 一弥

ASTERIA Warpシリーズ担当のシニアプロダクトマネージャー。ホワイトペーパーの執筆のほか、開発経験を活かしたASTERIA Warpを使ったデモ作成等を実施。

「ASTERIA Warp、データ分析、クラウド、業務効率化、最新技術」人気!ホワイトペーパーダウンロード受付中!今すぐチェック
ASTERIA Warpと色々つないでみた特集!記事はこちら>

ASTERIA Warp 関連サイトのご紹介

X ASTERIA Warp Developer Network(ADN)サイト

技術情報をお探しの方

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X ASTERIA Warpユーザーグループ(AUG)

ASTERIA Warpデベロッパーの方

ASTERIA Warp オンラインコミュニティ
ADN slack

ASTERIA Warpデベロッパー同士をつなげ、技術情報の共有やちょっとしたASTERIA Warpの疑問解決の場とすることを目的としたコミュニティです。

X ASTERIA Warpユーザーサイト

ASTERIA Warpユーザーの方

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X ASTERIA Warpパートナーサイト

ASTERIA Warpパートナーの方

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。

ページ先頭へ