ASTERIA Warp導入事例:
近鉄不動産株式会社

近鉄不動産株式会社

@WARPソリューション、ProActiveとASTERIA Warpの連携によりERP導入効果を最大化

[近鉄不動産株式会社]

業種:
不動産業,物品賃貸業
利用シーン:
ERP連携
連携製品:
ProActive E2

6ヶ月で基幹システムの連携部分を構築し、安定稼動を実現

近鉄不動産は、2006年夏から経理システムなどを皮切りに、基幹システムの見直しを始めた。その一環として、住商情報システム(現:SCSK株式会社)の統合型次世代ERPパッケージ「ProActive E2」を導入することになった。さらにインフォテリアのEAIツール「ASTERIA Warp」を採用し、ProActive E2と既存システムのスムーズなデータ連携を実現した。操作性に優れたGUIをサポートするASTERIA Warpによって、近鉄不動産は開発工程の短縮化を実現し、さらに将来にわたる拡張性や柔軟性も手に入れることができた。
萩原 章男 氏

企画部 企画部長 萩原 章男 氏

IT戦略を活かした経営と企業の競争力をアップさせる
基幹システムへの刷新

 近鉄不動産は、近鉄グループにおける不動産事業の中核を担う企業だ。近畿圏を中心に、マンション分譲、不動産仲介、リフォーム事業、ホテル・ゴルフ場経営など、幅広く事業を展開する老舗的な存在として知られている。特にマンション販売は、近畿圏で首位を争う実績を誇っている。

 業界トップを走り続けてきた同社は、早い段階から企業の基幹業務を支えるITシステムを自社で開発し運用してきた。しかし現行システムは開発からすでに15年もの歳月が過ぎており、経年劣化による抜本的な見直しを図る時期が迫っていた。

 また、近鉄不動産の桑田孝二郎氏は「制度改革に伴う内部統制の強化や、四半期決算への対応、社内事業別の採算把握、予実管理の必要性もありました」と当時の課題を振り返る。そこで総合的な経営力と企業力の向上を目指すべく、基幹システム全体のリプレイス計画がスタートした。

桑田 孝二郎 氏

企画部 (情報システム担当) 企画課長
桑田 孝二郎 氏

応答性・操作性・運用性。
三拍子そろった統合環境ERP「ProActive E2」を導入

 まず2006年夏から、基幹系の要となる経理・財務関連を皮切りにシステムの検討が始まった。そして、前述の課題を解決する製品として、発売以来15年間で3,500社を超える導入実績を誇る統合型ERPパッケージ・ProActiveの最新版「ProActive E2」が、住商情報システムから提案された。

 この製品の代表的な特長は、ユーザーの負担を軽減する多くの機能が盛り込まれている点にある。「たとえばCurlと呼ばれるリッチクライアント技術を採用し、Webシステムによる高い運用性や、スピーディな応答性、マウスレスの優れた操作性を提供している」と強調するのは、ProActiveチームを率いる住商情報システムの山本博史氏だ。

さらにユーザー権限に応じたメニューやアクセス制限、強力なロギング機能により、不正処理を防止できるメリットもあった。「懸案だった内部統制面でも、「ProActive E2」は充実したセキュリティ管理機能を備えており、我々の要件に合致するものでした」と、近鉄不動産の萩原章男氏は説明する。

止まることが許されない基幹システムとの連携にはASTERIA Warpが最適!

 さて近鉄不動産のシステム全体像について見てみよう。営業支援システムには、購買管理、借入金、不動産流通、マンション販売、リフォーム、公共料金など、多数の既存システムがあった。一方、ProActive E2では、債権・債務、財務会計・管理会計、資産管理というモジュールが新規導入された【図1】。データ連携のパターンは 多岐にわたる。そのため、これらをうまくつなげる仕組みが、システム構築を成功に導くキーポイントになる。特に、重要な業務を支える基幹システムは、ストップやトラブルは許されないからだ。

 住商情報システムのProActiveチームは、さまざまな検討を加え、「ProActive E2自体をカスタマイズするよりも、データ連携ツールによるデータ変換で既存システムと連携するほうが、拡張性や柔軟性の面で有効」と判断した。そこで実績面や信頼性などを考慮し、最終的に選ばれたEAI ツールが、インフォテリアの「ASTERIA Warp」であった。

 ProActive E2とASTERIA Warpという国産品同士の組み合わせは、日本語環境が扱えるというメリットのみならず、保守面での素早い対応や、優れたサービス品質が保証され、まさにベストマッチングと呼べるものであった。またASTERIA Warpは、わかりやすいGUIベースの開発環境によって、インターフェースの処理が可視化され、仕様変更の対応も容易に行えるのだ。

システム連携基盤の共通語"ASTERIA"が誕生しシステム構築を6ヶ月で実現

 「ASTERIA Warpを採用したことで、結合テストもスムーズにクリアし、半年ほどの厳しい短納期でもスケジュールどおり進めることができました」と、山本氏は同製品を高く評価する。

 一方、ユーザーの萩原氏も「今後のシステム開発を考えると、ASTERIA Warpという製品名が1つの共通語になっていくはず。この部分をASTERIA Warpに任せよう! というように、他システムのデータ連携の話もスムーズに進められる」と満足気だ。本案件を成功に導いた住商情報システムのEAIチームは、長年にわたる数多くのシステム連携基盤構築の実績により蓄積・体系化されたメソドロジーを持っている。本案件においてもそれらが十分に活かされ、開発工数の削減やシステム拡張時の柔軟性をより確 実なものにし、短期間でのスムーズな導入を可能にした。

ProActive E2との連携に、今後もASTERIA Warpを積極的に採用

 現時点で同社のシステムは、会計・販売など日々の業務を支えるルーチン業務を中心とした基幹系の整備が進められているところだ。同社の桑田氏は「将来的に情報系システムを導入することになったとしても、今回採用したASTERIA Warpを十分に活用できる」と期待を込める。

 また住商情報システムのProActiveチームも本案件を通じて、ASTERIA Warpに大きな手ごたえを感じている。山本氏は「近鉄不動産のケースのみならず、さらに他社でのProActive E2と既存システムとの連携にも、ASTERIA Warpを積極的に採用していきたい」という。データ連携の影の立役者、ASTERIA Warpの存在感は今後もますます強くなりそうだ。

ProActive E2との連携に、今後もASTERIA Warpを積極的に採用

※この内容は2008年9月時点のものです。

近鉄不動産株式会社

大阪市中央区難波2丁目2番3号

URL:http://www.kintetsu-re.co.jp/

近畿日本鉄道の不動産部門を分社化して設立。 近鉄沿線を中心に、マンション事業、都市型戸建 住宅事業、流通鑑定事業(不動産仲介・不動産鑑定評価)、リフォーム事業( 新提案型リフォーム・NEWing)、ゴルフ場事業、ホテル事業など幅広く展開している。

ASTERIA Warp

シェアNo.1データ連携ミドルウェア詳細資料をご希望の方はこちら

資料請求

30日間すべての機能をお試し!毎月抽選で10名様に基礎と実践本をプレゼント

無料トライアル

標準価格480万円、月額課金24万円~。詳細はお見積りをご依頼ください

お見積もり

製品や導入についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。