アステリア」カテゴリーアーカイブ

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

Happy New Year!!

2018年は、アステリア(旧インフォテリア)にとって大きな節目となった年になりました。

Year 2018 was historically great year for Asteria (former Infoteria) group.

東証一部上場、創立20周年、そして社名変更、さらに、シンガポールR&Dセンターの設立、This Place香港の設立と、いくつもの変化を経て、これから成長の布石を数多く打つことができた年でした。

We’ve been listed on the Tokyo Stock Exchange 1st Section (main board), celebrated 20th Anniversary, changed the company name. Yet, we established Singapore R&D center and This Place Hong Kong.

提供する製品やサービスも大きく成長しました。基幹製品のデータ連携ミドルウェアASTERIA Warpは、12年連続国内市場シェアNo.1を達成。中核製品のモバイル向けコンテンツ管理システムHandbookは、新たにセールステック領域に展開を広げました。次世代のエッジコンピューティングをリードするIoT統合エッジウェアGravioは、新たにAI(機械学習)を搭載し、モバイルアプリ制作プラットフォーラムPlatioは、採用事例の充実とともにグッドデザイン賞を受賞しました。

Our products have grown greatly. Flagship “ASTERIA Warp” got market share No.1 for 12 years in a row, “Handbook” expanded the area to the emerging SalesTech, “Gravio” gained the market attention by newly employed Machine Learning technology and free bundle of IoT sensors, “Platio” got the national Good Design award with increasing customer references.

 近未来に訪れるビジネスソフトウェアの「デザインファースト」時代に向けて買収した英国のデザインコンサルティング企業「This Place」も展開を広げ、米国オフィスは業務拡張のために移転し、また新たに香港法人も設立しました。

This Place, an Asteria group company leading the “Design First”, has expanded. US office has moved to new location for its business growth, and we established This Place Hong Kong to cover new customers in Asia.

 さらに、これからの社会インフラを支える技術として期待の高いブロックチェーンにおいて、投票行為や文書改ざん検知などにおけるソリューション提供を開始し、ブロックチェーン技術の実用化に向けて着実に布石を打っています。

The blockchain technology, as we believe blockchain will be indispensable infrastructure of any organizations and the society, we have many progress about blockchain. We’ve started the consulting services for transparent voting and falsification of the documents.

 アステリアがこれから注力する投資領域としての4D – Data (AI/ML), Device (IoT), Decentralized (Blockchain), Design – はさらに世界的な注目が高まっています。「投資無くして成長無し」のポリシーのもと、将来の大きな成長に向け、2019年も挑戦と投資を続けます。

We are focusing on “4D” – Data (AI/ML), Device (IoT), Decentralized (Blockchain), Design – for future investment. Please stay tuned for what Asteria group will challenge in 2019.

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 平野洋一郎
CEO Pina Hirano

全額補助広がれ、風疹・インフルエンザ予防接種

アステリアでは、日本国内の社員(契約、派遣含む)に対して風疹の防接種費用の全額補助を開始しました。

すでに、報道でも広く伝えられている通り、今年は風疹が流行しています。その数は、前年比14倍の1,289人!(出典:国立感染研究所10月23日発表)特に風疹は妊娠中の女性が感染すると胎児にも風疹ウイルスが感染し、目、耳、心臓に障害を持つ先天性の障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性がある危険な疾患です。

自治体などでも予防接種の費用補助を実施するところも出てきていますが、妊娠中や妊娠の可能性のある女性に限定されるケースが多いようですね。そこで、アステリアでは従業員自身の感染に限らず、社内での感染を防ぎ社会的な感染対策になるように、性別を問わない全社員(契約社員、派遣社員等を含む)および社員の同居家族に対する風疹予防接種費用を全額補助する感染症対策制度を開始しました。

この発表を昨日行ったところ、多くの歓迎のメッセージをいただきましたが、一部気になったメッセージがあったので、取り上げてみます。

1つ目は、「うちは、社員が1,000人以上いるから、御社のように補助はできませんよ」というある企業経営者。その方にも言いましたが、これは変ですよね?社員が多ければ、その分その会社の経済規模も大きいわけで、社員が多いから社員一人当たりの健康管理や福利厚生に使えるお金が減ることはないですね。どちらかと言えば、社員が多いほど効率化され余裕が出るのが一般的です。

実際に、1,700名の社員を抱えているロート製薬でも風疹予防接種の全額補助を始めています。つまり、こういったことをやるかやらないかは、経営の意志だと言えると思います。経営者が「うちはできない」というのは、「私はやりたくない」と同義でしょう。

2つ目は、「制度は良いけどプレスリリースしない方がいいんじゃないですか?風疹の流行をPRに利用しているように見えます」という声。

おっしゃる意味は分かります。ただ、私たちが今回の全額補助をわざわざプレスリリースしているのも、少しでもこうした輪が他の企業に広がることで、社内だけでなく、社会における感染予防に繋がると考えているからです。ぜひ、多くの企業に「風疹予防接種費用を全額補助」を実施していただきたいと思います

アステリアでは、今回の件にかぎらず、テレワークの件も、企業版ふるさと納税の件もわざわざプレスリリースしています。これは、同じような「働き方改革」や「地方創生支援」の輪が、他の企業に少しでも広がればより良い社会環境になると信じているからで、そのようなきっかけになるのであれば、スタンドプレーと言われても構わないという覚悟をもってプレスリリースを実施しています。

小さな会社で、できることは限られていますが、少しでも社会のよりよい変化に貢献できればと考えて。

新ロゴPVと新社名インタビュー動画!

すでにプレスリリースでお知らせしていますが、社名変更にあわせて新しいロゴも制作しました。ロゴの制作は、ロンドンのThis Placeチーム。

そして、ロゴのプロモーションビデオも作りました。旧Infoteriaのロゴから新Asteriaのロゴに生まれ変わるイメージです。ぜひ全画面モードで観て、感想をお聴かせください。

新しい名刺も新ロゴで。コーポレートカラーは、変わらずグリーンですが、色合いが少し変わったことに気づきましたか?これまでの「インフォテリアグリーン」は、少し青みがかった近未来的グリーン。今回の「アステリアグリーン」は、ナチュラル(自然)さを重視したグリーンにしました。

そして、名刺の裏側が4種類あって全てが繋がるのもこれまで通り。アステリア社員とコネクションのある方は、ぜひ、新しい「Asteria」の名刺で、図柄をコンプリートしてください。

そして、新社名に関するインタビュー動画がこちら。「相場の福の神」こと藤本さんにインタビューしていただきました。

こらからも、インフォテリア改め、アステリアをどうぞよろしくお願いいたします!