ASTERIA Warp導入事例:
株式会社ベネフィット・ワン

株式会社ベネフィット・ワン

ASTERIA Warpで業務の自動化を実現

[株式会社ベネフィット・ワン]

業種:
卸売業,小売業
利用シーン:
データ連携
連携製品:
ファイル, メール

BPR支援ツールとして活用し、運用工数を大幅に削減

福利厚生のアウトソーシングを軸としたビジネスを展開する株式会社ベネフィット・ワン。同社が提供する福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」のバックエンドを担うため、システム間のデータ連携に「ASTERIA Warp」を採用した。これにより、開発工期を大幅短縮しサービス開始を迅速化。また人手で行ってきた多くの業務を自動化して運用コストも削減するなど、さらなる成長に向けたシステム基盤を実現することに成功している。
株式会社ベネフィット・ワン 佐藤氏写真

株式会社ベネフィット・ワン
システム開発部
開発チーム長
佐藤 慶 氏

サービス拡充にともない
バックエンドシステム改修が課題に

 コスト削減や経営効率化が企業の命題となる中、かつて大部分の企業が自社で行っていた福利厚生業務もアウトソースすることが一般化している。そうした企業に向け、多種多様な福利厚生サービスを提供するのが株式会社ベネフィット・ワンである。
 同社の「ベネフィット・ステーション」は、ホテル、レジャー施設、レストランなどが提供する多彩な商品やサービスを、ウェブサイトと冊子を通じて登録会員に優待価格で提供するもの。企業が福利厚生の充実を図る際、負担を抑えて実現できるアウトソーシングサービスとして、多くの企業に利用されている。
 「ベネフィット・ステーション」が順調に会員企業を増やし拡充する中、同社はある課題にぶつかった。それは、サービスを支えるバックエンドシステムに関するものだ。トレンドにあわせた商材をタイムリーに提供し、サービスを拡充していくためには、新規サプライヤーの迅速なサービスインが重要となるが、すぐには相手先との連携システムの開発はできず、結果手作業が増えていった。また、すでにシステム化されているものも、開発時期によって使用する言語や管理システムはまちまち。一元管理ができておらず、システム改修に手間がかかる状態だった。
 さらに個人向けの新ユーザー課金型サービス事業も急成長しており、法人向けシステムをユーザー課金に対応させるための改修作業が頻繁に発生するようになった。システムがビジネス成長の足かせになるわけにはいかない。そこで同社は、既存システムの課題を解決し、法人向け・個人向けの両サービスに対応した仕組みをつくるための最適な方法を検討し始めた。
株式会社ベネフィット・ワン 小林氏写真

株式会社ベネフィット・ワン
システム開発部
開発チーム
小林 哲也氏

開発工期短縮のため
ASTERIA Warpを採用

 いくつかの方法を検討した後、同社が選択したのが「ASTERIA Warp」を新たに導入することだった。
 ASTERIA Warpは、プログラミングすることなく、システム間のデータ連携を手軽に実現するEAIツール。アイコンを並べていくだけで直感的にデータ連携フローが開発できる上、フローの修正・追加も簡単に行えるため、短いサイクルでの変更にも対応できると感じたという。「そもそもASTERIA Warpを知ったきっかけは、システム改修を依頼していたパートナー企業からの紹介でした。『従来方式に比べて6割程度のコスト・期間で開発できる』との話を受けて精査しましたが、確かにそのくらいの可能性を秘めていると感じました」と同社の相模洋祐氏は述べる。
 また、ASTERIA Warpが独立した国内ベンダーの製品であり、サポート面で安心できたことや、同時に比較した国内ベンダー製品よりもコストパフォーマンスに優れていると判断したこともポイントになったという。
株式会社ベネフィット・ワン 相模氏写真

株式会社ベネフィット・ワン
システム開発部
開発チーム
相模 洋祐氏

成長を支えるプラットフォーム
迅速なサービス開始と運用コスト削減を実現

 このような経緯で同社はASTERIA Warpを導入。現在まで、同社のサービス拡充に多大なメリットをもたらしている。その1つが、「Amazonギフト券」「LINEギフトコード」「イオンシネマ」をはじめとするプリペイドタイプのデジタルクーポンの取り扱い開始だ。具体的には、クーポン提供元ごとに異なるデジタルコードを特定フォルダーに格納すると、フォルダー監視によりASTERIA Warpのフローが起動。重複チェック、フォーマットチェックなどを行った後、チケット管理データベースに取り込み、注文と同時にクーポンコードを顧客にメール送信している。クーポンごとにフローは異なるが、いずれのフロー開発も従来のJavaによる開発と比較し、開発工期は50~75%に短縮できた。「ASTERIA Warpがなければ、デジタルクーポンの取り扱いそのものが難しかったかもしれません」と同社の佐藤慶氏は述べる。これまでは紙のチケットを郵送していたため、注文から納品まで1週間程度かかっていたが、今ではチケットのオーダーがあるとすぐにメールでデジタルクーポンを自動送信する仕組みとなり、ユーザーの利便性が格段に向上しているという。
 また、同社ではアフィリエイト・プログラムを実施しているが、アフィリエイト各社の実績管理自動化にもASTERIA Warpが使われている。アフィリエイト各社が、実績データファイルを特定フォルダーに格納すると、同様にASTERIA Warpのフローが起動。各社の個別フォーマットを統一フォーマットに変換した上でデータベースに格納する。これにより、手作業で実施していたアフィリエイト実績の取り込み作業が自動化され、月に約200時間の運用コストを削減できている。
 さらにベネフィット・ステーション会員証の新規発行にともなう制作会社とのデータのやりとりの自動化にもASTERIA Warpを活用している。「データベースから必要情報を抽出して会員証制作会社に送付したり、制作会社から送られてくる作業の進捗情報を社内システムに反映するといった業務を自動化しました。これにより、一連の業務に費やしていた人的リソースを他の業務に充てることができ、大幅な業務効率化が図れています」と同社の小林哲也氏は語る。
 そのほか、宿泊予約情報が正しいかどうかの検証にも使われている。具体的には、提携宿泊施設から予約情報メールを受信すると、メールトリガーで社内に登録されている予約情報との突き合わせ処理をするフローが起動し実行される。これにより、予約情報の誤りによるトラブルを抑止する効果が出ている。
 現在までに開発したフロー数は約60本。開発自体は外部パートナーに委託しているが、社内でもスタッフを育成し、ゆくゆくは内製化したいと考えている。「インフォテリアのセミナーなども活用しながら、システム開発部内、さらには社内の各ユーザー部門にも、扱える人材を増やしていきたい」と相模氏は言う。
 「時価総額1兆円」を目指した成長戦略を発表しているベネフィット・ワンでは、各種サービスが急拡大中だ。そうした中、システム開発のスピード感を維持すること、運用を自動化していくことは、企業成長のカギとなる。「迅速なシステム間連携の開発や、変更要望にも柔軟に対応できる手段を得たことは非常に心強いですね。一層のASTERIA Warpによる活用効果を期待しています」と佐藤氏は語った。

アフェリエイト実績取り込み、宿泊予約情報の突き合わせ

システム構成図

株式会社ベネフィット・ワン

東京都新宿区西新宿3-7-1
新宿パークタワー35階

URL:http://www.benefit-one.co.jp/

「サービスの流通創造」をビジョンに1996年3月に設立。企業や団体、および個人を対象にした商品・コンテンツ提供の仲介サービスを展開する。福利厚生会員およびパーソナル会員は延べ785万人(2016年4月時点)、売上高260.5億円(2016年3月期・連結)、従業員数1,070名(2016年4月現在・連結)。

ASTERIA Warp

シェアNo.1データ連携ミドルウェア詳細資料をご希望の方はこちら

資料請求

30日間すべての機能をお試し!毎月抽選で10名様に基礎と実践本をプレゼント

無料トライアル

標準価格480万円、月額課金24万円~。詳細はお見積りをご依頼ください

お見積もり

製品や導入についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

ASTERIA Warp関連サイトのご紹介

X

<技術情報をお探しの方>

ASTERIA Warp Developer Network
(ADN)サイト

ASTERIA Warp製品の技術情報やTips、また情報交換の場として「ADNフォーラム」をご用意しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーグループ
(AUG)サイト

ASTERIA Warpユーザー同士の交流の場として、各種イベント案内や開催レポートを掲載しています。

X

<ASTERIA Warpユーザーの方>

ASTERIA Warpユーザーサイト
Login

製品更新版や評価版のダウンロード、各種ドキュメントのご提供、また 技術的なお問合せもこちらで受付ています。

X

<ASTERIA Warpパートナーの方>

ASTERIA Warpパートナーサイト
Login

パートナーライセンスの発行や各種ドキュメントのご提供をしています。